カテゴリー「教育」の246件の記事

2016.04.18

★作文は道徳や常識を教えるものじゃない!

こんにちは。

ぶんぶんちゃんです(^o^)丿
小学館アカデミー(学習塾)さんの作文クラスでは、
ぶんぶんのテキストを使っていたただいています。
(共同開発です)
そちらの子どもたちの書いた作文を、いまちょうど添削スタッフが、
添削しているところなのですが・・・。
声を大にして叫んでいいですか!
「作文は、道徳や、常識を教えるためにあるんじゃない!」

ちょっと、叫んでみました。
これ、大人というか、添削者は、つい、反社会的な作文があったりすると、
書いた内容に対して、反対したり、注意したりしてしまうんです。
たとえば、「こんな学校あったらいいな」というお題があります。
その作文で「ルールを破ってもいい学校」という作文がありました。
そこだけ読むと、ええーーー、これを誉めちゃっていいの?と
心配になるかもしれません。
本当にやったらどうしよう?と。
でも、その作文にはしっかり理由らしきものが書かれていました。
「いつもルールを守っているので、たまにはそういうのもいいかなと思いました」
というような内容でした。
つまりこの子は、ルールを破ることが正しいと思っているわけではなく、
いつもきちんと守っているからこそ、ちょっと窮屈さを感じていて
作文の中(想像の世界)だからこそ、やってみたい!と思ったということが
作文を読めば分かるのです。
「こんな学校、あったらいいな」は、実際ないような学校でもいいから
考える、想像してみることが、大事な課題なのです。
それに対して、「学校はルールも学ぶところだから、こういうことは賛成できません」などと
添削者が書いてしまっては、身も蓋もない。もうこの子は、自由に書こうとは思わなくなるでしょう。そう思わせないことが、大事なのです。
では、どんどんルールを破りましょう!って書けばいいのか。
それはただ子どもの書いたものに、同調しているだけ。
相手を否定せず、「共感」しながら「寄り添いながら」も、どうかくか?
それにはこの子が、この作文の半歩先に、何を考えたらいいかってことを考えるのです。または違う視点を与えてあげるのです。
例えば・・・・
「ルールをいつも守っているからこそ、破ってみたいと思ったんだね。
そこはわかるなぁ。きゅうくつな感じがするものね。冒険したいよね。
さて、ルールをみんなが破ったら、どうなるかな?
廊下を走らない、というルールで、どうなるか考えてみよう。
また、破ってもいいなら、最初からルールはいらないよね?
ルールのない学校。なんていうのもいいね。
するとどうなるだろう?」
などとアドバイスしたいところ。
その子がそれを読んで、廊下を走ったらどうなるか、ぶつかって危険だと考えたとしたら
その「考えてみた」過程が大事なのです。
その過程をこそ、与えるべきだし、奪ってはいけないと思います。
だから作文では「道徳や常識を教えるためにあるんじゃない」ということになります。
自分で考えて気づいたり、失敗したり・・・という経験が大事です。

自分で考えてみてから
「やっぱりルールは破ってもいいのは、駄目かもなぁ。なら、一日だけルールを破ってもいい日とか、反対のルールの日、があってもいいかも」と、さらに考えてくれたらいいな。
あ、今頃いいこと思いついた!
というように、「書く」ことをとおして、思考は進化し、深化するのですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.16

★2016年夏休み・読書感想文教室(仮)予約受付中!!

大変ご無沙汰していました。

2011年を最後に、アメブロに移ったものの、結局はいま、フェイスブックに

毎日更新しております。ただし音楽のことが多くて作文はちょっと。(笑)
でも、ブログもたまに更新しようと思います。
ことしは夏休みに、多くの時間を使って
「読書感想文教室」をやろうと思っています。

日程・時間 7月後半~8月の中で予定しています。
費用・1クラス(90分)2000円(=小学生料金)
場所・ぶんぶん教室(北小金駅1分)

    ※人数が集まれば、東松戸でも開催します。
 
大まかな内容は
・ひとコマから受講可能(1クラス90分=2000円)
・ただし、通常3クラスで、下書きが終わる子、
中には清書が終わる子もいると思って下さい。
(読書経験や、書くのが好きかどうかによります)
・読書感想文は、宿題だから仕方なくやる子も多いです。
その場合は、立派なものを求めないのが得策。
少しでも楽しく、やった~仕上げたという感覚が大事です。
・そこで「本選び」が重要です。
そうした前準備が上手くいくと、作文も上手くいきます。
・まずは、「読書感想文は本選びと読みが大事」
         目から鱗の本の選び方10、を
親子で(4年生以上は子どもだけでもよいです)
      受講されてください。
・本が読めていないと、書けません。私が書くわけではないので。
本を見なくても内容をすらすら話せる程度に読むこと。
それが無理なら・・・という簡単な方法をいろいろ教えます^^
・日程は決まり次第お知らせしますが、7月の後半ぐらいからです。
申し込みはお早めに→★ただいま(仮)予約受付中★
仮予約は、キャンセルも無料です(7月20日までキャンセル可)
先着順。早い方を優先しますので
とりあえず、仮予約をお勧めします。
日程は、あとで決めていきます。
047-348-5606(ぶんぶん教室)
080★3006★6732(東海林ケイタイ)
hana_eyes2005★yahoo.com ←★を@に替えて送ってください。
電話か、メールでお申し込みください。
・お子様と保護者の名前
・子どもの学年
・連絡先電話番号
・メールアドレス
が必要です。
メールで、折り返しご連絡いたします。
お待ちしてます!

ぶんぶん教室主宰・東海林ふみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.10

★サイコロ作文「道」(作文紹介)

一つ前の記事で書いた、サイコロ作文を紹介します。

二年生のはるなちゃんの作品です。 

*****

 わたしは、このまえほそい道を車でとおろうとしたら白いねこがいました。わたしは

「あ、かわいい。」

といいました。それでお母さんはねこがちがうところにいくのをまっていました。ねこは一ぷんもたたないうちにちがうところにいきました。なので車で道をとおれました。わたしは、ねこが車にひかれなくてほっとしました。

(原文のまま)

*****

すてきな作文になったね\(^o^)/

「一分もたたないうちに」と、数字を入れた具体表現がいいね。

★文章技術について、一言アドバイス。

一文が長くなって、ややこしい文になってしまう場合。ありますよね^^

【一文は短く】を心がけましょう。一つの文では、一つの主語と述語を。例えば一文目。①わたしはこの前、お母さんと車で細い道をとおりました。②すると、そこに白いねこがいました。こんな風に二つ以上にわけるといいですよ(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★サイコロ作文

教育出版の編集部さんからいただいてきた、サイコロ。

水性マジックで文字を書いたり、消したりできます。

これで、サイコロ作文をやってみました。

子どもたちに好きな漢字を一つずつ出してもらい、サイコロに書きます。

そのあと、サイコロを転がして、出た漢字を作文の中に一回以上使って、文を書きます。

*****

みんなが出した漢字は・・・・犬、貝、学、道、花、草です。

転がして出た漢字は、一回目は道。二回目は犬、三回目は貝でした。

最初は道を使って、200文字ぐらいの作文を書きました。

*****

この作文の面白いところは、何が出るかというわくわく感で取り組めるところです。でも、やってみると、もっと面白いことがありました。

例えば[道」だったら、「道を歩いていたら・・」などと書いてから、そのあとは自由に書いて行けます。

実際のできごとでもいいし、空想の世界でもいいのです。

わたしたちは毎日いろんな体験をしています。その中には作文の元がたくさんあります、でも見逃していることがほとんど。だからこそ「道」を入れることで、道で起きた何気ないできごとを、拾い集めて書けるのです。

その時に感じた思いもまた、拾い集め再確認ができます。

心のカケラを集めるようにね\(^o^)/

そこがサイコロ作文の利点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.05

★作文の苦手意識を取り除く!

もう、ずっと通ってくれているYちゃん。

現在、小5年生。月2回のクラスに来ている。

楽しく通ってくれているけれど、気になっているのは、Yちゃんの作文に対する苦手意識だ。

毎回じゃないけれど、とてもすてきな作文を書く時がある。それも自分の気持ちをしっかり書いた時の作文がいい。

でも、聞くと作文は苦手だという。私から見たらそうじゃないのに。そこで、この夏、じっくり時間をとってYちゃんの苦手意識をなくしたい!と目標を立てた。

****

そこで、作文マップを使って、「苦手」と本人が思っていることを、真ん中に書く。

「書くのが苦手」と。次に、どうしてそう思うのか、わけを書いてもらう。すると「気持ちを書くのが苦手」→どんなふうに?→「国語の授業で、川がサラサラ流れたいた。というのは、主人公のどんな気持ちですか?と聞かれても分からない」なるほど。

じゃ、作文では?→「気持ちが書けない。それは思いつかないから」なるほど。じゃ、描かなければいいじゃん?というと。。。

「ええ??ダメだよ!!」と。

「何で?」

「だって、気持ちを書かないと、作文が1枚とか短く終わっちゃうから」

「短くていいじゃん」

「ダメダメ。」

「じゃ、短くなくて、いい作文て何枚?」

「う~~んと、2枚半」

「へええ、二枚半なんだ。どうしてそう決まっているのか分からないけれど、Yちゃんはそう思ってるんだよね。じゃ、どうして二枚半書かないといけないの?」

「成績が悪くなるから」

「成績?学校の国語のこと」

「そう」

なるほど~。というべきか、やっぱり♪というべきか。

成績を気にして、たくさん書かなくてはいけない、というプレッシャーがあり、そのために逃げてな気持ちを書かなくてはいけない、というプレッシャーも重なっていたんだ。でも気持ちを書くのが苦手なので、作文が苦手、となっている。

もったいない。全然そんなことないになぁ。

もしも、成績が関係なかったら、Yちゃんはどんどん自由に書いていくんだろうなぁ。

また、実際作文を2枚半書かないと、成績が下がるかどうか、それも分からない。Yちゃんが勝手に信じ込んでいる節がある。先生がそういったわけではなさそうだ。

ますますもったいない。

長く書くことが必要なら、気持ち以外でも何でも書いて埋められるよ!

気持ちは書かなくていいよ。だけど、本来彼女は気持ちを見るのが得意なんだけどね。このような重し(プレッシャー)が、心のふたとなって、出て来ないんだろうね。

でも、ここまで自分で書いて分かった。

わたしが、「そうでしょ?」と言ったところで、きっと伝わらなかった。自分で書いていったから分かったんだ。もうふたも取れかかってきたのも、同意^^しめしめ。

もっと早くふたを取ってあげればよかったなぁ。でも、彼女も成長して、いまが自分を客観的に見つめる時期だったのだと、思うことにしよう♪

ぶんぶん教室では、気持ちは書かなくていい。長く書かなくていい。その代わり長くしたかったら、何を書けば長くなるか、簡単な方法を教える。これで次回から、Yちゃんは作文の苦手がかなりなくなる、と期待しているからね(*^^)v

作文は成績のために、書くんじゃない!!!

もっと声を大にして言わなくちゃと、反省させられたできごとでした。

Yちゃんありがとう\(^o^)/

*****

ぶんぶん教室。夏の楽文講座。

この夏、作文の苦手を、「スキ」変えよう!

8月9,10、11、23,24,25(10時半~12)の中から、3クラス以上、受講して下さい。

※これとは別に「読書感想文片づけ教室」もやっています。

お問い合わせください。047・348・5606(土日、お盆など休みのこともあります)

080・3006・6732(ぶんぶん携帯)お急ぎの方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

【初めてご訪問された方へ】東海林ふみってこんな人(*^_^*)

こんにちは。

shineぶんぶんの落とし穴にようこそ!shine

初めておいでいただいた方には、是非こちらをお読みいただけると嬉しいです。

ぶんぶん教室をやらせていただいている私、「東海林ふみ」の自己紹介です。

flairクリックして下さい。

http://profile.ameba.jp/bunchan2009/

アメーバブログ「楽文アーティスト・東海林ふみのブログ」のルーム(自己紹介ページ)となっています。(2010.12月記)

また、アメブロでは作文以外のことなども、毎日更新しています。是非合わせて登録していただきお読み下さると嬉しいです♪

楽文アーティスト・東海林ふみのブログribbon

よろしくお願いしますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.31

★親として望むこと

前の記事の続きです。

講座に参加したお子さんたち。

「楽しかった~」言ってくれたそうです。

「自由に書いていいんだよ」とも。でも、教室ではひと言も「自由に書こう」とは言ったことがありません。それは「自由にかいていいよ」「好きに書いていいよ」という言葉ほど、子どもを不自由にするからです。何を書いていいか分からなくなります。

だから、テーマを決め書き方を示す。そうやってワクを作ることで、書き方が分かり安心して、自由に想像することができるのです。

だから自由感覚を持ってくれたことは、とっても嬉しい!やった~という気持ちです。それが作文・自己表現の入り口だからです。

門は開いた~とキリストになって叫びたい気分(*^_^*)

 

そこからですよね。じゃあ、もう自由に書けるようになったから、次は構成のあるきちんとした作文はどうしたらいいですか?これは多くのお母さんの望むところだと思います。

でも、待って下さい。入口に立ったばかりなんですよね。放っておいたらもちろん、すぐに戻ってしまいます。またここでは自由に書けても、学校ではどうも書けない、という子も出てきます。

そこでこの次は、あらゆるテーマで、自分なりに考えて、発想し、みんなと対話して、心で共感して、そういうことをたくさんやった上で、次の段階があります。

では、いきなり今の段階で、時事問題について、あるいは入試に出る問題について、書き方を教えれば書けるでしょうか?それも自主的に、表現欲求を持って。

1、表現欲求と 2、技術。その二つが自転車の両輪のように必要です。まずはあらゆるテーマについて考えてみたいと言う興味、表現欲求を育てることです。絵画と同じで、書いては読み、書いてはまた書き、人のを読み、また書くという繰り返しが大事です。

作文道場で、何度もけいこをつける感じですね。

海外の学校では、日本と違いエッセイの時間ではいろんなタイプの文を書きます。よく日本の学校では。新聞を読んでまとめる記述がありますが、これでは心の底から書くことへの興味が育つのが疑問です。

門が開いたなら、つぎは表現欲求を育てて行きましょう♪急がば回れ、です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★春休み楽文講座、終了しました♪

春休みの楽文講座、5日間が終了しました。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。お便りにも書きましたが、どの子どもたちも初めてなので、緊張した面持ちでやってきました。

最初に、作文は好き?嫌い?と聞いてみると、多くの子が「ふつう」と答えました。本当は苦手だけど正直に言えない、ということもありますよね。

そこでぶんぶんルール1「ふうは使わない」というお話をしました。

それは少し考えて、自分の言葉を発してほしい、そうすることで考える習慣をつけてほしいからです。考えると言うのは、勉強で問題を解くだけでなく、日常のいろいろな場面で自分のことをきちんと語れる、答えられるということこそが大事だからです。勉強も実はそのために、やっているわけですね。

 

今回の参加者は、十人ちょっと。一人はたった3回前後の授業を受けたわけですが、子どもたちはそれぞれに変わって行き、成長した面がありました。

お一人お一人が、表現への開き方、進み方が違うのですが、中には書くのがあまり好きではなかったのに、一回目から4枚も書いて、「楽しかった」というお子さんもいました。

また、今日最後が終わって、4回目の授業となったお子さんが、子どものやんちゃで楽しい世界をいきいきと3枚に渡り、書ききった男の子もいました、作文自体がキラキラで、その子もキラキラで、私が書くお返事もずっと楽しみに見て読んでくれました。

その子らしい言葉、内面が出ている作文は、こちらもついつい嬉しくなってたくさん赤字でお返事を書いてしまうものですね(*^_^*)

終了後、お二人のママたちとお話もしました。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

★春休み「楽文講座」始まりました♪

春休みの楽文講座、始まりました。

いつも初めて来た子どもたちに書いてもらう、「自己紹介カード」があります。ここにはヘンテコな質問がいくつかあって、これに答えていくと、その子の面白い考えが書けてしまいます。

 

今日、面白い答えがあったのでちょっと紹介しますね。

小2のAくんの答えです^^

質問・・・ふしぎだなと思うことは、どんなこと?

答え・・・「牛はどうして牛乳をおっぱいから出すの?」

目の付けどころといい、疑問といい、微笑ましい!

 

ところが、次の問題。

質問・・・あなたの一番大事なものは、なあに?

答え・・・かぞく

質問・・・人間がみんな持っているものは、なんだろう?

答え・・・心

この辺を読むと、すごいなぁと思うのです。誰から教わったわけでもないのに、Aくんは確信に満ちた面持ちで、迷いもせずさっと書いたのです。

大事なものと聞かれて、もっと物質的なものを書く子もいます。どちらがいいというわけではなく、今その子の心の中、認識を素直に表しているだけです。

人間が持っているものだって、家、心臓、身体、という答えもあります。そうやって全体の中で考えてみると、Aくんというのは、見えない物、精神面や心というものに意識が高いのがわかりますよね。

そんなふうに作文て、奥が深いんですよ♪

 

講座は31日までやってます。

明日は通常のクラスがあります(*^_^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.28

【お知らせ】冬の楽文!参加者募集中(*^_^*)

★冬の楽文(=楽ちんな文)

楽しく書けちゃうあ~ら不思議♪

キミもぶんぶんマジックを体験しよう!!!happy02

 

日程・12月26日(日)、27日(月)、28日(火)

時間・午前10時半から12時(一時間半×3回)

対象・小学生

クラス人数・2人~数人(学年は混合です)

 

作文が苦手な人でも大丈夫!!

まずは苦手、嫌いという気持ちを消しちゃいます♪

好きになれたらもっといいね^^

書く楽しさ、考える喜びを体験できるメニューです。

※原稿用紙は使わずに、らく~にいきます。

 

★問い合わせ 080-3006-6732(ぶんぶん携帯)

         047-348-5606(教室)

お気軽にお問い合わせください。

松戸市殿平賀200プラージュ北小金103(常磐線北小金駅、南口徒歩1分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧