« ★「○っちのこと」(作文) | トップページ | ★マインドマップで書く 読書感想文(授業) »

2011.06.30

★紫陽花スケッチ&対話 その④俳句づくり(作品紹介)

★紫陽花スケッチ&対話 その3 作文

続きです。

前の続きを書く前に、別の記事が入ってしまいました。

分かりにくくてごめんなさい><;;

 

前の記事で紹介した作文です。

ほかのあじさいとちがって、一人ぼっちでさいていた。

色は、内がわが水色で外がわがむらさきピンクでした。

少し小さくて、上のほうにさいていた。

一人でさびしいからこっちに来てと言っていた。

葉の中に一つしかなかった。

この中で『俳句を作る」ために、ぶんぶんが赤線を引き、花マルしたのは、次のか所です。

・一人ぼっちで

・水色、むらさき、ピンク

・(さびしいから)

・こっち来て

・あじさい

こんなところです。

★作文に書いたこれらの言葉だけを使って書くようにね、と話しました。

それにはもちろんわけがあります。

そして最初にできたのは・・・

「こっちきて 一人ぼっちの あじさいが」でした。うん!全部の約束事を守ってできています\(^o^)/

次は・・・

そよそよと 風にゆれた あじさいだ」。これはどうでしょうか?

作文にはまったく使われていなかった言葉が二つ入っています。これはブブーーです。

え~~こっちの方が、俳句らしいじゃない?と思われた方もいるかもしれませんね。

でも作文で使った言葉ではなく、「そよそよと、風にゆれた」とあります。これは俳句を作ろうとして、どこかで聞いたような情景、言葉をもってきていかにも俳句らしく、「つくって」しまったわけです。頭でつくっているのです。

だから、どこかで聞いたようなものになってしまい、俳句らしいかもしれないけれど、面白くないわけです。だって、彼女が今日ここで感じとってものではないから><;

そんな話を今日は、きっちりとしました。作品の否定になるので、子どもは聞きたくない出ようね。せっかく作ったんだもん。でも、今日はしっかり聞いてれくました^^ありがとね。

で、最後にできたのは・・・

あじさいが 一人ぼっちで よんでいる」でした。「よんでいる」は、「こっち来て」を少し変えたみたものです。ここで時間切れとなりました、スケッチからここまで①時間半です。まだ推敲できますが、ひとまず完成!\(^o^)/

おつかれさま~

*****

作文の中の「さみしそう」について。これは俳句には使わないように言いました。なぜなら気持ちを表す言葉だから。俳句は季節を含んだ情景を、言葉に映し取ることで、その言葉の行間から「さびしそうだな」「かわいいなぁ」という気持ちが伝わるのが、俳句だと思うからです。これぞ日本の表現!だと思います。

(また、今回は季語については指導していません。)

こんな風に、俳句を作ってみませんか?

|

« ★「○っちのこと」(作文) | トップページ | ★マインドマップで書く 読書感想文(授業) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/52084932

この記事へのトラックバック一覧です: ★紫陽花スケッチ&対話 その④俳句づくり(作品紹介):

« ★「○っちのこと」(作文) | トップページ | ★マインドマップで書く 読書感想文(授業) »