« ★楽文講座2回目のテーマ「なんで?」 | トップページ | 【初めてご訪問された方へ】東海林ふみってこんな人(*^_^*) »

2011.04.05

★楽文講座三回目「よかった探し」(授業より)

こんばんは。

3回目の「よかった探し」の授業について。

春の楽文講座は、7人ほどの人数で、新小1から新小4までの学年が一緒でした。なじんできた子も、今日が初めてという子も交じっています。

 

さて、良かった探し。

良かったと思うことある?と聞くと、すぐに

「昨日、プールで○級に受かってよかった」

「ピアノを練習しなかったのに、上手にひけてよかった」

「漢字のテストを家でやったら、100点だった」

などなど。

一人目の子が、○○ができた、という発言だったためか、「がんばってやったらできた」というのが続きました。

次に「○○したらお母さんにほめられた」というように、誰かに評価されたというのが出ました。

だいたいいつものパターンです。

そこで、ちょっとした良かったでもいいんだよ、と例えば「今日は晴れていて青空が気持ちよくてよかった」など、いくつか挙げてみます。すると・・

「昨日、マックでポテトをたくさん食べれらて良かった」

「お母さんが初めて、ツナ入りのピラフを作ったんだけど、それがとってもおいしくてよかった」など、ちょっとした良かった、ちょっとした幸せな気分を見つけ出しました。

そこで、ホワイトボードに書いたものを(発言はなるべく全部書きます)、「これを、グループ分けしてみよう」と分けて見ました。すると・・・

・がんばったので○○できた

・他人が誉めて(評価して)くれた

・小さな幸せ、みたいなもの

こんな風になりました。幸せの部分は、「食べ物ばっかりだなぁ」と有る子が言いました。なるほど、子どもにとって日常の良かったことって、おいしい食べ物というのは重要なんだよね、と再確認。

そんなふうに良かったことを、ブレストのように書いていきます。

もしたくさん書ける子は、①今日一日に絞って探す。②小さな良かったを探す。というように少し難しいことに挑戦してもらいます。

出来上がった作文を見ると、その子の幸せな瞬間がたくさん見えてきました。その子の目の向け方、その場面が色づいて見えました。

そして気持ちを表すのは、やはり場面です。気持ちの言葉だけでは、足りません。それを次につなげていける作文だと思いました。

今の子どもたちは何を聞いても「ふつう」「しらない」と答えるけれど、本当は瞬間ごとにいろんなことを感じている、見ているということが、当たり前ですが見えてきます。それを封じ込めて言わないようにしてしまっているのは、大人なのかもしれません。

さて、次は4回目。「えんぴつをほめる」です。

|

« ★楽文講座2回目のテーマ「なんで?」 | トップページ | 【初めてご訪問された方へ】東海林ふみってこんな人(*^_^*) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/51310415

この記事へのトラックバック一覧です: ★楽文講座三回目「よかった探し」(授業より):

« ★楽文講座2回目のテーマ「なんで?」 | トップページ | 【初めてご訪問された方へ】東海林ふみってこんな人(*^_^*) »