« ★おかしな二人に学ぶアドリブ力 (授業より) | トップページ | ★「ぶんぶん的思考」のお知らせ »

2010.09.15

★カッパとカエルの違いは?(授業より)

「カッパとカエルの違いは?」

と何気なく子どもたちに聞いてみました。

すると「お皿が乗っているのと、乗ってないの」(小3サクぼう)

「えー、分かんない。。。こうら?」(小4ゆうか)

ああ、なるほど。あるね、甲羅。

「かっぱって、馬を食べるんだよ」(ゆうか)

「え?誰から聞いたの?」(ぶんぶん)

「サカイさん。友達。サカイさん、有り得ないことを言うんだよね」(ゆうか)

たった今教室に入って来たゲンちゃん(小6)に聞くと、

「名前・・・」ぼそっと言った。

みんなぁ、、、大丈夫かぁぁ。><; 

 

というのは冗談で、ぶんぶんが思ったことなど、誰も言ってくれなくて、見事に期待をはずしてくれたのが面白かった。さすが子ども!

みんなが言ったことは、どれもあっているよね。一人ひとりが気づいた、具体的な違い、細かい部分を挙げていくことが大切だよね。

たくさんの事実を積み上げて、そこから考えて結論(法則)を見つけていく。それは「帰納法」という考え方ですね。

作文も同じことが言えます。毎日の自分の体験を大事にする。感じたことを大事にする。それがあって、知識や情報を比べたり、人の意見を聞いたりして、自分の考えたことを書いていきます。

当たり前のことですが、感じたことをいうことが、最近は難しいと思う子どもが多いです。こんなことを言ったら恥ずかしとか、間違っているなどと過度に気にしている傾向があります。

そういう時代でもあるわけですが、だからこそ自分の感じ方を言葉にしていくことが重要になってきていると思います。

なぜならそれが思考の元であり、その人の内面を創っていく元だと思うからです。自己肯定感もそんなところから生まれるのではないでしょうか。

*********

余談。カッパとカエルはさぁ、、、カエルは本当にいるけれど、カッパって空想上の生き物だよね?そこ、気づいてよ~~(-_-メ)

|

« ★おかしな二人に学ぶアドリブ力 (授業より) | トップページ | ★「ぶんぶん的思考」のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/49457385

この記事へのトラックバック一覧です: ★カッパとカエルの違いは?(授業より):

« ★おかしな二人に学ぶアドリブ力 (授業より) | トップページ | ★「ぶんぶん的思考」のお知らせ »