« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.30

★お供えもの?!

★お供えもの?!
作文の神様に?

詳細は後でパソコンから書きますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.22

★「おれ、バカだもん!」・・ポジティブな言葉かけの大切さ

こんにちは。暑い中でも、風がおいしい日ですね^^

土曜日午前クラスは、小3、小4生四人の、この春始まったばかりのクラスです。そこでの今日のやりとり。

「おれはバカだ!」

「バカじゃない!」

「おれはバカだ!」

「バカじゃない!」

「おれはバカだ!」

「バカじゃない!」

「そう言ったら、本当にそうなっちゃうよ。だからもっといいことを言おうよう!」と話してその場は終わりました。 

そのNくんは、今日の作文で、外で見つけたコガネムシについて観察文を書きました。そこに書いた絵がとってもよかったのです。実物より大きく書いた絵には、足のとげとげやツメや、お腹の毛などとても細かく観察されていました。

授業が終わり時間があったので、歌を歌いました^^グリーンのキセキ、知ってる?と言われ、良く知らないぶんぶんは、パソコンでギターコード検索をして、それを見ながらギターをひきました。そうしたら・・

Nくんの歌が、とってもいいの!声がのびやかで、でもパワーもあって、聴いていて気持ちよくて、いつまでも聴きたい感じ。歌が大好きなことも伝わってきます。ああ、わたしもこうやって自然にいい声で歌いたいなぁ。と思わせてくれました。

ほら、Nくんは歌も上手、虫の絵も上手、こんなにいいところがあるね。バカじゃないよね。すると、「おか○さんが、いつも言うんだもん」だって><;

親ごさんはいろんな場面で、つい悪いことを言ってしまうことがあると思います。でも、日々の言葉は、子どもの無意識に中に蓄積されていきます。意識と無意識って、10対90で、無意識の領域で判断していることが多いのだそうです。

自分を否定してしまうと、伸びるものの伸びないし、潜在的に眠っている能力にもふたをしてしまうことになってしまいます。もったいないですよね。

だからできれば、ポジティブな言葉かけをしてほしいなと、切に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

★よかったさがし(作文テーマ))

こんにちは^^

午後になって暖かくなってきました。

ぶんぶん教室には西向きの窓があります。今日は春らしい西日が当たって、どよ~んと眠くなりつつあります><;

最近、ぶんぶんがはまっている作文のお題「よかったさがし」です。

一日の中で3つのよかったことを探すのがコツです。

ふだん、ついついネガティブなことに行きがちな視点を、ポジティブに変えていくトレーニングになります。

教室ではこれに似たような作文で「幸せだなぁ」とか「ほめほめ大作戦」(自分の良いところを探しほめまくる)などがあり、得意分野ではあります。

でも、このお題のいいところは、「一日の中で」という点です。するとなかなか見つからないんですね。

「クリスマスでプレゼントもらったり、お正月はお年玉をもらったから良かった」というものは、みんな当たり前に言えます。でも、一日の中となると「何にもな~い」という反応が、まず多いんです。

ところが、今日土曜の午前クラス(小3,4)で、二度目の良かったさがしをしたら、みんなコツをつかんだようで、たっくさん出ました。

はいはいはい、、、って手をあげて、留まるところを知らない!!!

しまいには「ぶんぶん教室がきれいになった」とか「ぶんぶんちゃんがきれいになった」とか・・・きゃーそれは事実だわね♪でも・・・

おいおい、本当か?!なんでも言えばいいってもんじゃないぞ。となってきました。もう何でも言うのが楽しいって感じです。

でも、それでいいんですよね。ものは言いよう。感じようなのです。ちょこっとでも良かったと思えれば、それがこのお題の目的だからです。

何気ない毎日の中に、小さな良かったを見つけられる感性。そして、いやなことがあった一日の中にも、よかったことはきっとある! いつでもよかったことを見つけられる「感性」を見につけていくことが大切です。

良かったことを探しているうちに、嫌いな人の良かったところもどんどん見つけられるようになる。闇の中に希望だって見つけらるようになる。自分はダメだと落ち込んだときも、良かったことが見つけられるようになる。

そうなったら人生、へこたれない。いや、へこたれてもいいけれど、視点を変えてまた前を見ていける。そんな「感性」を見につけて、力強い人になって欲しいと思います。

ぜひ大人の私たちも、「よかったさがし」を習慣にしてみませんか?

(※作文は、三つのできごとを原稿用紙2枚ぐらいにすると、書きやすいでしょう。書ける子はもちろん、何枚でもどうぞ^^。書く前と書いた後で、気持ちの変化を感じ取って、それも書いてみてね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.13

★中学生に学ぶコミュニケーションのコツ(授業より)

こんばんは^^

最近、中学生クラスでは、それぞれ書きたいテーマで書いたりしています。

「死について」

「違和感」

「親友」

こんな感じです。そして一つのテーマで毎週連続して、原稿用紙10枚以内にまとめることを目標にしています。

今日は「親友」を書いている中2Mちゃんの話。

彼女は幼稚園のころからぶんぶんに通ってくれていますが、前から友達が多く、コミュニケーション上手。性格はあっけらかんとしています。青空のように明るい人。でも、気持ちは繊細。

そんな彼女には、友達と、幼馴染、親友、心友がいて、それぞれ彼女にとっては違うらしいのです。今クラスの女子の間では、お手紙交換がはやっていて、一番の話題は好きな男の子のこと。

彼女の作文には、なんと!心の秘密を聞き出すためのスキル(彼女はそうは思っていなくて、あたり前のことだけれど)が、三つ書かれていました。それは

「私のも教えるから、○○さんのも教えて」

「相談に乗るから、困ったことがあったら言ってね」

「絶対誰にも言わないから、教えて」

なんですよ!

すごくないですか?これをさらっと書いていたんです。

最初のは、、自己開示だなと。自分のことを晒すことで、相手に安心感を持たせて、知りたい情報を得る。二番目は、、相談に乗るって、やっぱり人は誰かに聞いてもらいたい生き物だから、そこを突いている。三番目は、二人だけの秘密って言われると、やっぱり言いたくなったり。。。

Mちゃん、さすがだね、という話をしました。彼女は照れながらも、この三つのすごさを再確認してくれたみたいだし、自分の良いところにも『言葉にすることで」はっきり気づいてくれたと思います。

こういうちょっとした表現ができることで、親密なやりとりができ、友達づきあいにも生かされるのだと、Mちゃんに教わりました^^

ちなみにぶんぶんは、小学生の時こういうことは、苦手でしたよ><;

だから尚更、Mちゃんを尊敬します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.11

★ぶんぶんの種、5000こ!

こんばんは^^

ぶんぶんの種が、今年の春は5000こ、蒔かれました♪

わ~い。

何かというと、小学館アカデミーさんという塾の作文教材の注文数です。アカデミーさんは全国に2000教室でしたか?そのぐらいある大手の塾です。

そちらで使っていただいている作文教材は、東海林ふみが書いております。内容はぶんぶん教室で書いた作文のネタから、より面白いものを厳選して、6冊作りました。

 そのアカデミーさんから今年は、5000冊の教材の注文がありました!

やったー、ありがとうございます。

 

ぶんぶん式楽しい作文の種が、5000個まかれたのです。

土を破って芽が出て、すくすくと作文の花が5000個咲くのを、心に描いてみました。

みなさんも想像してみてください。黄色い花ピンクの花青い花、、、桜みたいな花、ひまわりみたいなの、スイトピーみたいに香りのよいもの、色とりどりに個性豊かに咲く、作文の花を。

それぞれが風にゆれ、それぞれの創造性を咲かせている。

なんて気持ちいいんだろう!!!

そんな風景が、全国の小学生、中学生に広がっていくことを、夢見ています。

作文の種をまこう!キャンペーンでもしたいなぁ^^(これ、他の方と一緒に真面目に考えてみようっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★朝日小学生新聞の連載も、3年目に突入♪

こんばんは^^

楽文アーティストのブログ(アメブロ)ばかりに書いていて、こちらはご無沙汰しています。

教室のネタがないのかといえば、いやいやありすぎて、何から書けばいいのか分からないほど。と言っているそばから忘れてしまいもったいたいので、今、思いついたことから書きますね。今日は、家のノートパソコンから更新しています。

 

まずは、朝日小学生新聞ネタから行きましょうか♪

おかげさまで、朝小さんで原稿を書き始めて、3年目になりました。

コーナータイトルは「時事問題で合格力アップ」と言います。

毎月出される時事問題の作文を、小学生に応募してもらいます。その中から作文を選んで添削と総評を書くというコーナーです。

合格力アップというタイトルは、私立中学や、公立一貫校の受験に役立つようにという意味ですが、受験に限らず「意見文」を学ぶのに、とても人気のコーナーです。

どうして人気と言えるかというと、

①毎年毎年、そして毎月毎月、応募作文が増えていること。ふつうは作文を募集してもなかなかこないものらしいです。

②小学校や塾で、このコーナーを使って、授業の中で作文に取り組んでいる。これはこの前、新聞社の取材に同行して、都内の公立小学校の授業を見学させてもらいましたが、面白かったんですね。活用の仕方が、徹底しているんです。私が思いもよらない方法で、先生は新聞をすてきな教材に変身させていました。これ、書いたかな?

もし、まだ書いていなかったら、後ほどその利用法を書いてみたいと思います♪おうちでも参考になると思います。

③受験で合格した小学生の感想でも、このコーナーが大いに役立ったという話が、毎年3月に聞かれます。とっても嬉しいし、ありがたいことです。

今思いつくのはそんなところです。

 

さて、3年目の今年は、新しい試みを紙面で展開しています。今まで400字の作文だったのが、200字の作文で募集しています。

これは、ただ短くしたのではなく、400字の作文に移るための準備体操みたいなものです。2段落で構成し、前半は事実(表の読み取りなど)、後半は意見を書く。というように誰でも書きやすいように工夫されています。

作文を選んだり、アドバイスを書く私としては、やってみてびっくり!前よりたいへんですが、でも、おかげで応募数もまたまた増えている気がするし、何より子どもたちが少しでも作文のハードルが下がって、「書いてみようかな」と思えたら、それが何よりです。

ぶんぶん教室でも高学年は取り組んでいきますよ~

(今までになく書き直しを私から指示されて、今日のぶんぶんちゃんは厳しい!とへこたれてる人、若干名おりますが・・・><;)

カタチを覚えてしまえば、ちょー簡単なんだよね、意見文って^^

★意見文や受験の作文(小論文)についてのご質問も、どうぞ。教室でも特別クラスで指導しております。右上のメールフォームから、送ってくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

★かわいいプレゼント

★かわいいプレゼント
昨日 こどもたちにもらいました。

石ころ
タンポボ
イヌフグリ
桜の花びら

かわいくて
うれしくて
写真にとりました

ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »