« ★小3、4年「土曜午前クラス」募集中♪ | トップページ | ★「笑う作文」教材、先生に好評♪ »

2010.04.18

★「そんなことで誉められていいなぁ」

こんばんは^^ぶんぶんです。

もう桜も散っているというのに、寒いですねぇ。

書きたいことがいっぱいあって、ノートにネタはメモしてあれど、書くところまできません。心の中がごちゃごちゃしているのかもしれませんね。もちろんこんなふうに書いているうちに、自分の内奥から湧いて出てくるんですけどね^^

そういうことで気になっていることを、出てきた順にちょこっとでもいいから気にせず書きますね。

一つ前の記事に書いた、新しい土曜午前クラスのことです。小3と小4で四人のクラスができました。授業中の心の残った言葉を紹介します。

小3のNくんは、声も元気で文字も大きく元気。その日は小さい升目の原稿用紙に書いていたので、ちゃんと升目の中に入るかな?と、書くところを観ていました。すると名前もきれいに書いています。

「名前、きれいに書けたねぇ」と、私は思ったとおりそのままを口にしました。綺麗に書けた結果というよりも、はみ出さずに書こうとしていたNくんの努力がステキだったからです。

するとそれを聴いていた四年生のRちゃんが一言。

「名前を書いただけで、誉められていいなぁ。ふつうはお母さんとか、そんなことで誉めてくれないよ」

大丈夫。Rちゃん。お母さんは心の中で、ちゃんとやってるなぁと思ってるからね。できれば一つ一つ、お母さんも言葉にしてあげたらきっと、子どもも分かると思います^^

そして、これからRちゃんのいいところも、きらきらしたところも、ぶんぶんちゃんは見つけて、もっともっとと引き出して、そして受け止めていくからねぇ。

 

誉めるという言葉は、上から目線の言葉だという解釈もありますが、何かができたから誉めるというのではなく、今のままの姿を受け止めていきましょう。

名前が書けたね、というほんの小さいことでも、子どもは嬉しいってことですよね。人と比べず、その子の昨日と比べたら、成長したことが日々あるはずですから^^

そして誉めるのは、結果ではなく「努力の途中」を受け止めていくことが大事ですよね。

仮に100点を誉めたら、100点だから誉められた、100点の自分に価値が有ると、子どもは思ってしまいます。100点を取るための、その努力。「そこがとってもすばらしいねっ、お母さんはそう思うよ」って話していけば、たとえ50点でも、子どもは努力した自分に自信を持っていくのではないでしょうか。

結果でなく、努力を認めていくのが、子どもを認め、愛することだと思います♪

愛、EYEY、Iメッセージを忘れずに・・・

http://bunbun.way-nifty.com/way/2010/04/post-de12.html←土曜クラス募集中☆

|

« ★小3、4年「土曜午前クラス」募集中♪ | トップページ | ★「笑う作文」教材、先生に好評♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/48113070

この記事へのトラックバック一覧です: ★「そんなことで誉められていいなぁ」:

« ★小3、4年「土曜午前クラス」募集中♪ | トップページ | ★「笑う作文」教材、先生に好評♪ »