« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.25

★窓を開けたら心もオープンに

★窓を開けたら心もオープンに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.20

★つながり(授業・作文テーマ)

★つながり

ちょっと写真が見にくいでしょうか。

今日は「つながり」がテーマの授業でした。「原稿用紙撤廃条約」を、自分で締結中なので(笑)、今日も原稿用紙は使いませんでしたよ。

「しったかぶった」というマンガを使いました。その中に、人や社会の関係性について書かれた場面があります。そのイラストを見て、私たちはふだん、どんな人や、どんな物事とつながっているかを考えました。

何と、どうつながっているかを考えた後に、白い紙に写真のような絵と文字を書きました自分を中心に書いて、自分がつながっている、つまり関係のある人や、もの、場所、自然、、、などなどを書いていきます。

思いつくままでもいいのですが、大事なものだとその子が思えることや、宝物も考えます。

例えば「家」が書かれていますが、そのメモにはつながりが書かれています。

「家がなかったら、私の居場所がないし、ここで家族とコタツに入ることもなかった」(小4・ゆうか)とあります。

「もしも、○○がなかったら」と考えると、その必要性が見えてきますね。これ、一つの考え方の方法ですよ^^

話を戻してと。。。そんなふうに考えていきました。

 

最後に書いたものをみんなで見て、それぞれ違う点を見つけてみたら・・・野良猫を書いた人、ボールを書いた人、テニスを書いた人、いろんな形のお花を書いた人などなど、その子らしさが出ていました。そういうところはたくさん評価したい点です。

みんな違ってみんないい、ですね。自分の考えを恐れずに、不安がらずに(違っているってことはない)出していくことが、とても大事だからです。自分がどう思うか、それを大事にすること。

ボールを書いた子の理由がすごいの!これがあると幸せになれる、んだって。すてきなつながりだね。

あらためてつながりを考えることで、人は一人では生きられないこと、他のものや人がいて生きられること、結局は地球のぜーーんぶと繋がっていること、知らない人や地球の反対側も含めてですが、そいういうことが分かっていくといいと思います。

今日はそこまでの視野まで持てなかったけれど、こんどもっと広げていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

★ファンヒーターが壊れました><;

こんばんは、ぶんぶんです。

なんと昨日、教室で使っていたファンヒーターが壊れました。

教室は3階建てのプチマンション(笑)なのですが、教室のある一階はとても冷えます。エアコンで暖房しても、全然温まりません。

そこで、近くのサティにストーブを買いに行くと、もう冬のものなので売っていないとのこと。「在庫もないんですか?」と尋ねても、ないとのこと。オイルヒーターは売っていたけれど、なかなか部屋全体が暖まらないとのこと。

仕方なく自宅に戻り、倉庫にあるはずの石油ストーブを探し出して、台車で運びました。石油を入れ、火を点けると、臭かったけれど何とか使えました。このストーブの赤い火がよくて、何年か前に買ったのですが、部屋の暖まり方は、いまいちですね。

やっぱり、ファンヒーターがいいなぁ^^

みんな~、しばらくこれで我慢してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

★原稿用紙撤廃運動

こんにちは、ぶんぶんです^^

こちらに書くのは久しぶりですね。ここのところ、「楽文アーティスト・東海林ふみのブログ」に書いておりました。

今日は気分を変えて、こちらに。

「無限に書ける」と、ゲンちゃん(小5)は言いました。教室でただ今「原稿用紙撤廃運動」をおこっています。

今日は白い紙を自由に使って、書いています。横でも縦でも斜めでも、ぐるぐるでもいい。枠を取り払うことで、心の枠もとり、自由な発想を生み出そうというのが、目的です。ただ楽しいだけじゃないのです。

そうしたら「無限に書ける」という言葉。やったー、第一段階成功ですね。でも、中には線を引きだした子もいます。線を引いた方が人はやっぱり書きやすいのかもしれません。そいういうことにも気づいていきます。

ちなみにぶんぶん教室は、思考実験教室であり、あらゆるものを書く場所です。テーマは様々なことを扱っていますが、道具にも気を使おうと、今日は、原稿用紙を撤廃してみました。すると「枠」や「原稿用紙」のありがたみも分かってくるでしょう。

次は、書く道具、えんぴつにもこだわってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »