« ★ジュニアジャーナリスト大賞 | トップページ | ★東電の電柱広告にも天使♪ »

2009.12.08

★アドラー心理学講座で

先日、「松戸楽しい授業の会」に参加しました。アドラー心理学の福田育子先生のお話をお聞きしましした。

授業が終わってからの参加だったので、肝心なお話が終わってしまったのですが、そのあといろいろと気になっていることを質問して、とても勉強になりました。

ほんの少しお聞きしたことは、アドラー心理学は子育てでいうなら「勇気づけの子育て」ということを提唱しています。

10歳までにどう育ったかで、その人の基礎が決まるそうです。それまで「ダメ」と否定的なことを言うのではなく、認めてあげること。

何かができたから誉めるというよりも、そのままを認める。それが勇気づけだそうです。詳しくはアドラー心理学、で調べてみてくださいね。子育てにかなり役立ちそうですよ。

この日は他にも、大学でやっている授業のことなども質問し、グループで褒めあうことは、とっても意味があると、おっしゃっていただき、それこそ勇気を頂きました。

また3月にアドラー心理学の体験講座があるので、参加したいと思います。

ちなみに4月の第一土曜日4時からは、私ぶんぶんにお鉢が回って、「作文の実践報告」みたいなことをさせてもらいます。

何をしようか、参加者である学校の先生や、親の方々に役立つことを、考えますね。

いつもどんなふうに授業をやっているか。どんな気持ちでやっているか。何を伝え、教えたくてやっているか。子供は教室でどうか。どのような作文を書いているか。テーマは?どのように子どもは変わっていくか。私の子どもの捉え方も大切です。あ、前に書いたテキストを元に、レジュメを作ろうかな?きっと何かの役に立つね。

知らない人に伝えることをまとめるチャンスです!

主催のたのたのさん、素敵な機会をありがとう^^

|

« ★ジュニアジャーナリスト大賞 | トップページ | ★東電の電柱広告にも天使♪ »

コメント

福田先生より、後でメールをいただきました。

詳しくはまた記事にできたらいいなと思いますが、
誉め合うという言葉は、上から目線の言葉なのだそうです。
(アドラー心理学の福田先生曰く)
「勇気づけ」と誉めるというのとは、ちょっと違うようです。

投稿: ぶんぶん | 2010.01.20 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/46964890

この記事へのトラックバック一覧です: ★アドラー心理学講座で:

« ★ジュニアジャーナリスト大賞 | トップページ | ★東電の電柱広告にも天使♪ »