« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.22

★自己表現力コンクール

★自己表現力コンクール

賞状授与が終わり、受賞者の写真撮影をします。

子どもたちをうまく整列させるのが、大変。

★自己表現力コンクール

お父さん、お母さんたちが見守る中、いよいよ

撮影です。いい笑顔で写ったかな?

 

12月19日(土)、東京タワー前の会場で(なんていうところだった?)、

第九回目の「自己表現力コンクール」表彰式が、行われました。

 

受賞者のみなさんは、全国からご家族で参加されていたようです。おめでとうございます^^

審査委員の先生方のことばが、私の心に残っています。

絵画はパッションが大事。技術は後からいくらでも身に着くということ。しかし大人になると技術はあっても、やろうというパッションがなくなってしまう。白い画用紙に、まず「いろ」を置いてみる。その最初のひと筆を置くパッションが大事だというお話でした。

 

作文もまったく同じだなと思いました。絵なのか文章なのか、はたまた写真か歌か。ものは違えど「表現」は、パッションがなければ始まらない。

文章も、「技術+表現欲求」だと思います。

そしてことばで、自分の内面をさぐり、形になっていない思いを、掬いあげていく。それが、書くことでゆっくりと深めることができると思います。

 

そして私は、子どもたちの表現を、とても楽しんで面白がって、「いいぞいいぞ」とポジティブに受け止めてほしいというお話をしました。すると子どもたちは、調子に乗って自分をもっと表現し始めていきます。そうしたらしめたもの。やはり技術は後からです。

長くなりましたが、コンクールをきっかけに、表現やことばで考えることの大切さを、たくさんの方に知っていただけたら幸いです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.21

★ブログからのお問い合わせ♪

最近、このブログを見て、教室に問い合わせいただくことが、増えてきました。

本当に、有り難いことで、うれしい限りです^^

ブログですので、教室のシステムなり全体的なことが、分かりにくいかもしれません。

もちろん、お電話やメール、ファクシミリをいただければ、資料をお送りいたします。

ネットの海でたどりついたのも、何かのご縁だと思っていただければ、幸いです。

遠慮なく、資料をお申し付けください。

 

また、なんといっても、実際に通われるお子様の「体験授業」が一番大切だと思います。

お母様お父様が気に入ってくださったら、お子様にも「楽しそうだな」「通いたいな」と思ってもらうことが大事です。

子どもとぶんぶんのお見合い?!みたいなものですね^^

「作文」が苦手な子、大人しくておしゃべりが苦手な子も、大得意です^^

 

こちらも遠慮なくお申し込みください。

とにかく、一度楽しむつもりで、体験してみようかな? で十分ですよ~

教室には、松戸はもちろん、柏市、野田市、流山市などから、通ってきてくれる子どもたちがいます。一人で通う子、送迎のある子などいろいろですが、本当にみんな、来てくれてありがとう^^

 

では、お会いできるのを楽しみにしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.18

★中学受験日和

★中学受験日和
澄んだ青空です。
今日は国公立の中高一貫校の受験日。

教室の生徒も受験しています。

作文も面接もいつもの自分らしく
チャレンジできますように(^.^)

倍率がうん十倍とも言われるほど
国公立に人気が高まっているようです。

暗記型の学力だけでなく 思考力や表現力など
総合的な力を判断する入試であることを願います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.16

★八坂神社と銀杏

★八坂神社と銀杏
少し前の写真です

今はもうすっかり葉が落ちました

この日は気持ちいい風がそよいでいました

銀杏の木には昔お世話になりました

ここに葉っぱを拾いにきて
中に埋もれたりして遊んで
作文を書きました

葉っぱは紙にはって
絵を作りました

今年はしなかったねー


★松戸市北小金の八坂神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.15

★夕焼けこやけ

★夕焼けこやけ
★夕焼けこやけ
★夕焼けこやけ
★夕焼けこやけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.13

★500色の空の色

右サイドに、ブログパーツをつけてみました。

「500色の色えんぴつ」というものです。見て見て。

いろんな場面の空が、500色現れるんですってよ!

全部見るのに、どのいくらい時間がかかるのかな?

500色を全部一度に並べて見てみたいなぁ^^

 

ぶんぶん教室の作文のテーマで、世界に色は何色あるでしょうか?というものがありました。子どもたちに聞くと、、、12色、24色・・・あ、36色だ!なんて答えるのは、これギャグじゃないですよ。

色鉛筆やクレヨンの色数を言ってしまう。そういうことに慣れてしまっているわけです。ああこの話題、久しぶりです。懐かしい~。

でも、色は無限ですよね。そして人は自然の中から色を学んでいるんだと思います。自然の中の色の美しいこと、そして微妙な色の違い。日本の色の名前の多様さ、美しい呼び名。そういうことも、今の子どもたちに伝えていきたい、いかなければならない最優先課題です。

英語の単語や英語の歌も素敵ですが、その前にまず、日本の色の呼び名でしょ!日本の童謡でしょ!

「赤とんぼ」という童謡を、今の子どもたちは知らないなんて、昨日のクラスで知って、びっくりしました。次回はこの歌を授業でやりますよ~^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.12

★名古屋で作文指導者向け講座開催

こんばんは。ぶんぶんです。

もう今年も余すところ、あと半月ちょっと。一年なんてあっという間ですね。

来年の話をすると鬼が笑う、と申しますが、来年のお知らせです^^

2月あたりに名古屋にて、作文指導者向けの講座を開催する運びとなりました。

とある塾さんが、開いてくださいます。ありがとうございます。

関係者だけの開催だとは思いますが、また詳しく分かりましたらここで告知いたします。

以前は小学館アカデミーさんという塾の先生向けに開催しましたが、あれから時間がたっています。アカデミーさんも今回の塾さんも、ぶんぶんの教材を評価してくださり、使ってもらっています。でも、あの時よりさらに経験もつみ、講座の内容もより分かりやすく、より深くなっていくと思います。

指導者向けの講座も、段階別にシステムを作っていく予定ですので、他にも希望がありましたら、塾の経営者の方、小学校から大学の教育に携わる方など、ぜひお声掛けください。

表現、作文教育は、今の教育を変える一つの鍵になります。さらに、一人一人の子どもを大切に、個性を大切にして、その子らしさを認め伸ばしていく上でも、具体的な手段としても、とても有効です。

その子らしく生きるとは、これからの時代を幸せに生き抜くために、大事なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

★クリスマスプレゼント

★クリスマスプレゼント
いただきました

クラスのみんなでいただきましまた

ごちそうさまでしたm(__)m


先日紹介した
ジュニア ジャーナリスト 大賞に
今週も取り組んでいます

それがみんなすごいの(^.^)

力作ばかり

改めて書く力がいつの間にか
着いたんだなぁと
感慨深く思っています

テーマは今年のニュースから好きなものを選びます

薬物問題
エコ
鈴木イチロー
WBC
などなどを選び書いていました

社会に対する関心が知らぬ間に育っていてびっくり(^0^)/

これは教室でやったわけではありません

でも普段様々なことをテーマに書いていると
社会への関心も自然に育つんですよね

何故なら書くためには
回りを見るようになるからです

ケータイからなのでまたm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.10

★僕を支えた 母の言葉・・感動ムービー

こんにちは。

今日はyoutubeを紹介します。

私は一つ、「気づき」がありました。

私も息子と(高一)とケンカしていたせいか、この映像を他のブログで見かけて、タイムリーだったのでした^^

私の気づきは、先日の「アドラー心理学」講座でお聞きした、「勇気づけ」ってこういうことだなと思ったことです。

勇気づけの言葉は、人それぞれでいいのだと思います。

だけどその言葉は、その子が大きくなったとき、つらい時悲しい時、その人をずっとずっと支え続けるものなんだ、ということに気づきました。

http://www.youtube.com/watch?v=G_BonPLOkdk

いつもyoutubeがうまく貼り付けられません。

すみません。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.12.08

★東電の電柱広告にも天使♪

★東電の電柱広告にも天使♪

今作っている、東電の電柱広告です。東京電力の広告になります。

そこにもなんと、ツイてる天使をあしらいました。

見えますか?

お金がないので><;たった一本だけ、注文しました。

場所は・・・今んとこナイショね^^

最初、東電さんの営業の方は、鉛筆のイラストを作って下さいました。これはよくあるパターンです。ずっと前にパドさんにも広告を出したことがあるんですが、そのときも適当に鉛筆のイラストをつけてくれました。

作文・・・と言えば、確かに鉛筆、消しゴム、そして原稿用紙が思いつきます。だから、そういうイラストの方が、当然誰にも伝わりやすいはずです。

広告とは、誰にでもぱっと見て、わかるようなものが良いと思うんです。でも、鉛筆や原稿用紙だと、私が伝えたい作文ではない気がするんです。

「楽文」・・・楽しく書く、書いているうちに楽しくなってくる、そして書いたあとに楽になれる。それが楽文だから、やっぱり勉強ちっくな鉛筆のイメージではないんですね。

それで、あまり意味もないんですが、ついだだから天使をつかってみました。

作文とツイてる天使?!まあ、いいやぁbleah

何度も何度も行ったり来たりして、広告を作ってくれたNさんには、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★アドラー心理学講座で

先日、「松戸楽しい授業の会」に参加しました。アドラー心理学の福田育子先生のお話をお聞きしましした。

授業が終わってからの参加だったので、肝心なお話が終わってしまったのですが、そのあといろいろと気になっていることを質問して、とても勉強になりました。

ほんの少しお聞きしたことは、アドラー心理学は子育てでいうなら「勇気づけの子育て」ということを提唱しています。

10歳までにどう育ったかで、その人の基礎が決まるそうです。それまで「ダメ」と否定的なことを言うのではなく、認めてあげること。

何かができたから誉めるというよりも、そのままを認める。それが勇気づけだそうです。詳しくはアドラー心理学、で調べてみてくださいね。子育てにかなり役立ちそうですよ。

この日は他にも、大学でやっている授業のことなども質問し、グループで褒めあうことは、とっても意味があると、おっしゃっていただき、それこそ勇気を頂きました。

また3月にアドラー心理学の体験講座があるので、参加したいと思います。

ちなみに4月の第一土曜日4時からは、私ぶんぶんにお鉢が回って、「作文の実践報告」みたいなことをさせてもらいます。

何をしようか、参加者である学校の先生や、親の方々に役立つことを、考えますね。

いつもどんなふうに授業をやっているか。どんな気持ちでやっているか。何を伝え、教えたくてやっているか。子供は教室でどうか。どのような作文を書いているか。テーマは?どのように子どもは変わっていくか。私の子どもの捉え方も大切です。あ、前に書いたテキストを元に、レジュメを作ろうかな?きっと何かの役に立つね。

知らない人に伝えることをまとめるチャンスです!

主催のたのたのさん、素敵な機会をありがとう^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.07

★ジュニアジャーナリスト大賞

12月20日締め切りの、ジュニアジャーナリスト大賞に、教室の子どもたちが参加しています。

私が教材を出している、現代用語検定協会が主催のコンクールです。(と言ってもひいきはありませんよ~)

今年のニュースの中からテーマを選び、たった100文字で、自分の考えを書くものです。短いので取り組みやすいのが、魅力! でも短いのは逆に難しいんです。これまた勉強になりますね。

それに、今年のニュースを振り返ることができます。コンクール応募者は、ニュースの中から10大ニュースを選ぶことにもなっています。

一昨年だったかな?ぶんぶんの子も入選して、素敵なプレゼントをいただきました。今年もプレゼントをもらえるといいなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.02

★今日はヒカル先生の授業です

★今日はヒカル先生の授業です

水曜クラス。柏から通っているさくちゃんが、おやつを持ってきました。学童クラブからやってくるので、おやつを持ってくるときがあります。

「食べてていいよ」と、待っている間におせんべいを食べ始めした。

香ばしい匂いが、教室中に漂って、思わずぶんぶんちゃんも、おせんべいを食べたくなりました。もう、我慢できない!

ヒカルたちが来たので、みんなでおやつタイムにしよう、というと大喜び。おせんべいを買ってきて、みんなで食べました。おいしかったね。

******************

 

そのあとヒカルに授業を頼むと(いきなりですよ)、すらすらとお題を出して、授業を始めます。子どもは親の背中を見て育つというけれど、弟子は師匠の背中を見てる?!

私がいつもやるように、やっています!

お題は「冬になったら、どうなるか?」「冬になって感じたこと」。自分の目で耳で五感で捉えたことを、みんなに聞いて板書しています。

私は生徒に一人になって、発言します。反対になるのもおもしろーい。

そのあと作文タイム。ヒカルは実は教室に来た頃は、作文が苦手で、一行進むのが見ていて本当につらそうでした。でも今は・・・すらすらと書いていきます。しかも、ひとつに絞り込んで、具体的に客観的に深く、そして思いや考えも書いていきます。

本当に成長したよね。今は「どんなテーマを出しても何でも書けるよね。その自信あるよね」と聞くと、「うん」とニコニコ。

そのはったり(笑)こそが、大切です。得意だ、簡単だという思い込み(笑)が大事なんです。それってすぐに育たないからこそ、じっくり育てたい心ですね。

書けるけれど、不安と思うのではなく、書けるという安心、自信、確信をどの子にも育てていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

★これがツイてる名刺ですよー

★これがツイてる名刺ですよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »