« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.27

★どんなに喜ぶことだろう

★どんなに喜ぶことだろう

写真は 松戸市小金の東漸寺です。

前にも紹介しましたが、門の入り口には、このようにメッセージが掲示されています。

書かれている内容・・・・・

「二度とない人生だから

一輪の花にも

無限の愛を

注いでいゆこう

一羽の鳥の声にも

無心に耳を

かたむけていよう

どんなにか

よろこぶことだろう」

どんなにか喜ぶことだろう。

最後が心に染みました。

だから無限に愛を、無心に耳を。

なんですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.26

★明日は、読書感想文プレ講座♪

こんにちは。ぶんぶんです^^

明日はいよいよ、読書感想文プレ講座です。

まだ、あとひと組、入れます!良かったらどうぞ。15時からです。

親子一緒に、楽しい時間になるといいなぁと思います。

お持ち帰りのプレゼントも、今用意しております。

 

・ぶんぶん流・読書感想文の書き方のプチ・ヒント集

・ぶんぶんの子どもたちが、これまで書いてきて、楽しかった・うまくいった本の紹介

・オモシロ読書感想文集(間に合ったら・・)など

 

また、参加者の子どもたちには、持ち物をお願いしました。

それは、これまで書いた作文、作ったもの(工作や絵)、好きな本、子供のころ読み聞かせしてもらった本、自慢したいもの、宝物など。どれか一つでもいいので、持ってきてもらいたいなと思います。

それでは明日、お会いするのを楽しみにしていますね^^

(ヤギさん、コメントありがとうございます)

 

※大学生に向けて書いているブログは、最近まめに更新しています。

よかったら覗いてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.11

★メールアドレスはお守り♪

こんにちは。

ぶんぶんで~す。 happy01  

 

小5のSちゃんは、ケータイを持っています。

Sちゃんが引いた、美しい天使のカードの絵を写真に撮って送りたいと思い、メールアドレスを教えてもらいました。

Sちゃんがケータイを開いて見せてくれたメルアド・・・

ローマ字で始まるそのメルアドは、パッと見ると意味を成さない、ローマ字の羅列や数字が並んでいるように見えました。

 

「難しいねぇ」とぶんぶんが言うと

「パパが作ってくれたから」とSちゃん。

 

ハッとしました。 ( ̄○ ̄;)! flair

このメルアドには、パパの愛情が詰まってるんだ!

このメルアドは、Sちゃんのお守りになってるんだ!

 

分かりやすいメルアドでは、今の時代、あてずっぽうで詐欺のようなメールが来てしまうかもしれません。

そう思ったら、たとえSちゃんにメールを送りたくても、メルアドを聞いてはいけないような気がしました。だからとりあえずママに送ることにしました。 

(あ、中学生なら聞いちゃいますよ♪ ナイショの話もあるかもしれないから^^)

子供がケータイを持つことは、安全と危険の両面を持ちます。

ということは、メルアド一つで子どもを守ることもできるんです。

親の監視の目ではなくて、「子どもを見守る目」は、こんなところにも持つことができるんだなぁと思たできごとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

★宇宙ロケット

こんにちは。

ぶんぶんです wink

暑くなってきましたね。朝は涼しい風が吹いていたのに。

昨日は大学で授業の日でした。

毎回、私が予想していたこととは違って、意外なことが起こるので、もう、毎週遊園地に行ってるような感じです。

メリーゴーランドの日もあれば、ジェットコースターの日もあります。そんな中で昨日はなんだったんだろう?

ええ?本当に?そうなの?びっくり?

みたいな、やっぱり今の世の中、子供たちのまわりも、大人も、本当に何がおかしいんだろうって、改めて思った。そんな乗り物ってどんな乗り物?

そうだ、一瞬月からもう帰ってこれない気がしたから、宇宙ロケットかな?

なんだか意味がわからないことで、ごめんなさい。

もっともっと、何がしなければいけない気がしました。

 

そして今日は、私の音楽のブログである「羽のない鳥」に書いた、またこれは別の思いを、読んでもらいたいと思い、紹介します。

「七夕満月の祈り」←です。よかったらクリックして読んみてくださいね。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

★かたつむりの目はどこ?

こんにちは^^

ぶんぶん@授業中です wink

「ぶんぶんちゃん、かたつむりだよ!」

小2のサクちゃんが、かたつむりを持って教室に入ってきました。

さっそく、透明なタッパーに入れて観察です。

ゲンちゃんも来たので、みんなでかたつむりの触覚?をつついたりして、かたつむり談義です。

「どれが目かな?」という話になり、みんなであてっこをしました。

かたつむりを見ると、長い触角のようなものが二本、短いのが二本あります。

 

・げんちゃんの予想は、4本とも目である。なぜなら、かたつむりは弱いから、敵が来たことをよく見ないといけないから。

うーん、なかなかいい予想だね^^

・さくちゃんは、長いほうが目である。たぶん、長い目で後ろや横を見るために。

・ぶんぶんは、短いほうが目である。たぶん短い目はあまり見えなくて、長い方の触覚で、いろいろ感じていると思うから。

 

その後パソコンで調べました。

かたつむりの館というホームページの、「かたつむりの体」を見ると、よく分かりました。

一番正解に近いのは、「長いのが目」というサクちゃん説でした。

正確には4本とも触覚で、大触覚と小触覚と言うそうです。大触角の先についているのが、目。目はあまり見えないそうです。小触角では、味や匂いを感じるそうです。

ということは、「長いのは触覚」というぶんぶん説も、少し当たっていました^^

げんちゃんの、「四本が目」というのも半分正解です!!

 

ということで今日の作文は、サクちゃんはかたつむりについて二枚書きました。

かわいい絵もついています。

****************************

 

よく分からないけれど、予想を立ててわけも言ってみる。違っていてもいいから言葉にしてみる。思いを言葉という形にして、表現してみる。そのアウトプットの力こそが、「伝える力」です。

それを尊重していくことで、思いの通り発言していいんだな、自分の感じたことって大切なんだな、と感じて欲しいと思います。

そして考えを伝えることに、自信をもってほしい。同時に人の意見も尊重していけるように。

自分を大切に生きていけるように。「自分が好き」と言えるように。いつも書いている「自己肯定感」です。積み重ねですね。

正解かどうかは、さして問題ではないのです。

でも、予想を立てることで、「正解」をちょっと感動的に知ることもできます。

体験と感動とともに、かたつむりと仲良くなれるんですね^^

 

************************ 

 

サクちゃん、すっかり満足したのか、かたつむりを忘れていきました><;

おかげで楽しい時間になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

★おめでとう!

こんにちは。

ぶんぶんで~す confident

今日は、とってもオメデトウ!の話題です。

Mちゃんが、伊藤園の俳句に応募して、佳作に選ばれました。

なんと言っても「全国区の本」に載っているのが、すごい!!!

Mちゃんのお陰で、ぶんぶんも嬉しい!

ありがとう、今日はいい日だなぁ。

Mちゃんのママであり、私のスピリチュアルの師である、りおんちゃんのブログに詳しい報告(笑)があるので、ぜひぜひ、母の喜びをみんなで味わっちゃいましょう^^

 

子どもたちの俳句や作文。

大人はついつい「子どもらしい素直な作品だなぁ」で終わちがちです。

でも、その奥にあるものを見つめて欲しいと思います。

それは、その子の感性を大事にするってこと。

感性や気持ち、うれしい楽しいだけじゃなく、マイナスの気持ちもちゃんと受け止めていくことで、その子がそのままの自分でいいんだって、自信をもつきっかけになると思うのです。

ああ、出してもいいんだと、きっともっともっと、自分を表現していける。それは自分自身を生きていくことに他ならないと思います。人が、世間が良しとした人生じゃなく、その人の選ぶ人生。

あ、続きを書いたら消えました><;;時間がないので、また~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.03

★これなら書ける!読書感想文プレ講座

★法政大学で教えています→flairブログ更新しました

★「ネガティブパターンを解放する」ワークショップ、無事終了しました^

★ネットラジオ→ 一回めネットラジオ 

*************************

こんにちは。

ぶんぶんで~す wink

もうすぐ夏休み、といえばお母さんの頭を悩ませるのが、読書感想文ですねぇ。wobbly

親子でけんかになってしまったり、結局お母さんが書いてしまったりと、毎年熱いバトルが

各家庭で繰り広げられるもよう。

 

そこで、今年は「読書感想文プレ講座」を開きます。(おお~)

読書感想文の講座は毎年、8月に開きますが(今年は未定)、いつもそこで思うのは、「本選びが、違っているよ」ということです。

その子どもが、3回を軽く読めない本、内容を把握できない本、興味の持てない本、ようするにその子には、難しい本を持ってくる子が、結構いるのです。

はっきり言って、かけません。

苦しんで、宿題は終わらないは、本嫌いになるは、作文もだーーい嫌いになります。

こうしたことが作文嫌いを生んでいるのです。

私は子どもに、作文嫌いになって欲しくありません^^

読書感想文が上手くいくかどうか、それは本選びにかかっているのです

課題図書なら良いと、思い込んでいませんか?本当にそう?

そんなお話もしながら、ではどんな本を選んだらいいかをお話します。

初めて読書感想文に、チャレンジしたい方にも、役に立ちますよ~~

  

★読書感想文・プレ講座!「書くための本選び」

◎日時  ①7月24日(金)  ②27日(月) 時間未定

◎対象  小学生の親子

◎人数  各回3~4組

◎参加費(1家族)   各2000円

・読書感想文の成功の秘訣は、すばり本選びです。

 読むための本選びから、「書くため」の本選びへ がポイント!

 ジャンル別に、具体的な本も紹介します。

 楽しい書き方もアドバイスします。

 

◎申し込みは、メール(ブログ左上にあります)か、お電話で。

047・348・5606へどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.01

★早いもので大学も後3回

今日も大学で授業でした。

早いもので、あと残すところ3回です。

やっとそのブログを、更新する気になってきました。

今頃になって、エンジンかかるの遅いよ。

でも、何かが詰まってたんですねぇ。思いはいっぱいあったのですが。

楽文アーティスト*東海林ふみのブログ よかったら覗いてみてね。

これから、いろいろ思い出して、ちょくちょく更新予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »