« ★無財の七施 | トップページ | ★がんばるって? »

2009.01.21

★アトリエでの小論文

一月は、アトリエ新松戸(美大・芸大の予備校)で、小論文の授業を担当しています。

それが、とっても楽しかったのです。何年か授業や作文の添削をさせていただいていますが、伝えたいことが伝わっていく、言葉が浸透していく感じがしました。

いろんなことが学べました。

今の高校生が、どのような文章を書き、どのようにものを考え、人とどのようにコミュニケーションを取るのか。どんな自己認識を持つ傾向にあるのか・・・などなど。

今の高校生と言ってしまうと、まとめすぎですが、この年頃特有なものと、今の時代の特有なものとは別にあるのだと思います。(詳しくは別の機会があれば・・)

文章と言うものは自分の内面がイヤでも出てしまいます。だから作文を習うにも抵抗があったりします。自分を見られてしまうわけだから。そんな中で現代の高校生気質を知ることで、どうやって作文を教えたらいいかを学ぶことができた気がします。

また、そうした高校生たちも、その前は中学、小学生だったわけです。今の学校で不足しているもの、必要なものも見えてきます。それを教室の子どもたちに、上手い具合にフィードバックできれば嬉しいです。

ここで教えることができて、とっても良かった。これからもよろしくお願いします。

受験生にひと言伝えるとしたら・・・「逃げないで、自分を見つめて」ということかな^^。そして小論文を学ぶ上で必要なのは、「体得」ということだと思いました。頭の知識じゃない。いくら書き方を言っても無駄。体得とは、自分で体験し感じ取ることです。それは一生の宝物です。さて、来週が今年度最後の授業ですね。

|

« ★無財の七施 | トップページ | ★がんばるって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/43813753

この記事へのトラックバック一覧です: ★アトリエでの小論文:

« ★無財の七施 | トップページ | ★がんばるって? »