« ★インスタント俳句づくり@岩瀬自治会 | トップページ | ★SОSをありがとう »

2008.12.10

★松戸市教育長賞、おめでとう♪

「持久走の作文、10枚以上書いたよ!」

小4の玄ちゃんは、教室に来て言いました。「すごいねぇ」。

実は玄ちゃんは、夏休みに書いた「親切」についての作文が、松戸市の作文コンクールで選ばれたのだそうです。「教育長賞」です!!今月19日に、校長先生と一緒に表彰式に行くそうです。玄ちゃんおめでとう wink そんな話を聞くと、やっぱり嬉しい。

玄ちゃんはサッカーが大好き。でも書くことも好き。絵を描くのはもっと好き。頭の中で、いろんな場面を描くこと、イメージすることが得意です。イメージして、それを言葉に置き換える作業も、上手です。だから作文も好きなんですね。

もしも作文が苦手なら、まずは観察することから。じっくりゆっくり観察する。絵を描くときのように。そしてイメージする。「頭のテレビ」に写してみることです。でも、これはきっと誰でもやっているのだと思います。楽しかったことをゆっくり思い出す、そしてもう一度楽しむ。場面と感情をもう一度味わう。小さい頃は、お母さんと一緒にお話しながらやる。そういうことが、作文を上手にする第一歩です。

つまりゆっくりした時間、ボーっとした時間、それこそテレビやゲームだけじゃなく、絵を描くような時間、夕日を見る時間、そういうった時間が大事です。今の忙しい時代には難しいというなればこそ、その時間がますます貴重になります。

もちろん、賞を取ればよいとか、10枚も書けたからいいとか、そんなことを言いたいわけではありません。それは一つの通過点。でも、評価されることはとっても嬉しいし、これからの励みになることも確かです。玄ちゃんにはますます、自分を見つめ、世界を見つめた作文を書いていってほしいと思います。

それは自分の感情や体験、思考を知って、自分を活かして生きていくことが、幸せにつながると思うからです。

|

« ★インスタント俳句づくり@岩瀬自治会 | トップページ | ★SОSをありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/43379101

この記事へのトラックバック一覧です: ★松戸市教育長賞、おめでとう♪:

« ★インスタント俳句づくり@岩瀬自治会 | トップページ | ★SОSをありがとう »