« ★ある日のホワイトボード | トップページ | ★今やるべきこと »

2008.05.23

★朝日小学生新聞のトップに掲載されました!

★朝日小学生新聞のトップに掲載されました!

5月12日号の一面に掲載されました。ちょっと遅いお知らせになりました。去年一年間、月曜紙面の作文記事で、ずっとお世話になっていた朝小編集部のSさんが、教室までじきじきに取材に来てくださいました。Sさんありがとうございます。

記事のタイトルは「意見文を上手に書こう」ということで、毎週月曜の作文記事とつながりのある内容です。ちなみに月曜紙面には、時事問題で作文を書くコーナーをぶんぶんが担当しています。

今年で二年目に入り、毎週応募の作文がどんどん増えています。ほんとうに嬉しい悲鳴ですね。小学生なら誰でも応募でき、毎週3作品が、添削つきで作文用紙のそのままが紹介されます。受験向けなので、時事問題がテーマになっています。塾や小学校のクラスで団体で応募される方もいます。

そうそう、都内のとある小学校の六年生のクラスでは、先生がいつもあの作文コーナーを授業に取り入れ、子どもたちの作文を送ってきてくれます。この学校だけでなく、地方の学校でも、授業で教材として使ってくださっているところがあるようです。「意見文」の指導がなかなか難しいのだそうですが、ぶんぶんのコーナーは分かりやすいということで、好評を得ているようです。

とっても嬉しいです。そしてありがとうございます。

小学校の先生といっても、全員が国語や作文が得意なわけではないと思います。専門が理科とかあるいは体育とか、いろいろあるわけです。だから、作文指導が苦手な先生がいらっしゃったら、どんどん利用していただけたら嬉しいですね。

文科省でも、これから美術や音楽の時間にも、鑑賞文などを書かせるように、指導要領を変えています。いよいよ日本でも、海外の国のように、全部の教科で「書く」ということに重点を置いていくようです。以前からぶんぶんは言っていますが、書くことは国語の中の一勉強ではありません!全教科にわたって、全教科を超えて、あるものです。また、教科ごとに分断された「知」を、総合的につなぐためにも、「書く」ことは重要です。

学校でも、世の中全体でも、そんな広い視点で「書く」ことを捉えていってほしいものです。

みなさん、朝小の月曜版・作文コーナーをよろしくお願いします。みんなで育てていってくださいね。

|

« ★ある日のホワイトボード | トップページ | ★今やるべきこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/41294534

この記事へのトラックバック一覧です: ★朝日小学生新聞のトップに掲載されました!:

« ★ある日のホワイトボード | トップページ | ★今やるべきこと »