« ★楽しかったね、探検ビンゴ! | トップページ | ★死刑は必要か? »

2008.05.01

★「批評力・鑑賞力」をつける

残念賞でした

ピンポーン「○○宅急便です」。

小さな箱が届き、さっそくあけてみると、中から鉛筆が。先日の「わんぱく作文コンクール」の参加賞でした。残念ながらみんな参加賞でした。また、がんばろうね。みんなでコンクールのサイトを見てみたのですが、入賞した作文自体は載っていませんでした。みんなで批評しようと思ったのに・・・

批評といえば、教室ではほかの子どもの書いた作文や、そのほかのものを題材に、みんなで感想を話し合う授業があります。ただ、「おもしろかった」だけじゃなく、どこがどう良いのか、自分とはどこが同じか、違うか、もっとどうしたら良いか・・などなど。たんなる感想や、読書感想文とは一味もふた味も違います。

この授業は、私も楽しいし子ども楽しそうです。なぜなら、「批評する」ということが、普段なかなかないからです。批評というか、作品を味わうというか。たまに高校生の作文を見ても感じますが、好きなまんが、映画、美術作品、音楽などについて書くとき、「好き」といえても「どこがどう好きか」「どんな評価をしているか」という部分が、ほとんど書けていません。他人の作品を「評価」するということに、慣れていないのですね。

また、極端に批判になりがちだったりします。否定するのではなく「バラもいいけれど、わたしはひまわりが好き」と、上手に伝えることを学んでほしい。それはコミュニケーション上手なだけでなく、人を尊重することにつながります。たとえ、どんなに自分の興味のわかない作品であったとしても、学ぶとところはあるはずです。

そんな「批評力・鑑賞力」を育てたい!

それには身近な作文が、一番すばらしい題材になります。もちろん歌や詩や絵や音楽もいい。ネットを使うのもいい。とにかく子どもが共感する『旬」なもの、生きた題材。それは子どもたちの中に眠っているんですね。

|

« ★楽しかったね、探検ビンゴ! | トップページ | ★死刑は必要か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/41056883

この記事へのトラックバック一覧です: ★「批評力・鑑賞力」をつける:

« ★楽しかったね、探検ビンゴ! | トップページ | ★死刑は必要か? »