« ★場面描写のお手本(作文) | トップページ | ★添削痛(>_<) »

2008.03.18

★日本語教えます

★日本語教えます

行きがかり上、外国人(ベトナム人の若い女の子)に日本語を教えることになりました。テキストは日本語学校に通っていた人から借りました。でも、日本語教師の勉強をしたわけじゃないから、ちょっと不安ですが、なんだか面白そうでもあります。

テキストを開くと、私たちが中学で英語を習ったようなイメージで、日本語が並んでいます。それを見ると、日本人の私が見てもなんだか難しそう。いつもの日本語が日本語に見えなくなってきます。何か別の言語として、少し客観的に見えてきます。また、外国人と話していると、日本語がいかに複雑か理解できます。

私たちが日本語を習うのとは違う点は、例えば、形容詞は「い形容詞」と「な形容詞」の二つが出てきます。「な形容詞」というのは日本語の「形容動詞」のことのようです。「美しい」は「い形容詞」。「きれいだ」は、「きれいな」・・・と活用するからか「な形容詞」と、書かれています。

きっと、教えているうちに、日本語に対する新しい発見がありそうで、どきどきわくわくです。目標は生徒さんが日本語を話せて、読み書きできるようになること。もちろん片仮名も漢字もです。俳句や歌などもできたらいいなぁ。

|

« ★場面描写のお手本(作文) | トップページ | ★添削痛(>_<) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/40549773

この記事へのトラックバック一覧です: ★日本語教えます:

« ★場面描写のお手本(作文) | トップページ | ★添削痛(>_<) »