« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.28

★春の作文講座 みんな集まれ〜

★★新しい記事は、この記事の下に更新されます。一つ下から見てください★★★

春の作文講座 みんな集まれ〜

→→→作文が苦手な子どもも、とくいな子どもも、みんな待ってま~すhappy02

上の案内のとおり、★春の作文講座★を行います。久しぶりに新聞にチラシを入れました。3月15日号のサンケイリビング紙です。見てくださいね。

どんなに書くことが苦手な子どもでも、必ず何かが書ける作文です。どうしてかって、書けるヒントがいっぱいだからです。

だけどぶんぶん教室の醍醐味(だいごみ)はそれだけではありません。みんなでわいわいお話する「場所」がありますです。もう、このお話に参加するだけでも、目からうろこ。どんな意見を言っても怒られない。心と頭がやわらかくなって、考える楽しさを体験できます。

書けなかったら、どうしよう」という心配もいりません。なぜなら作文は、自己表現。書けなかったらそれでいいのです。そこからが「あなたの作文」の始まりだからです。

キミに会える日を、楽しみにしています。

ぶんぶん教室の「ぶんぶんちゃん」より

(自宅のパソコンが壊れてしまい、新たに教室にパソコンを買いました。これを機に、ブログをたくさん更新していきます。教室の様子も写真や音声をなどを使って、お伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

★作文録音に初チャレンジ!

 

ブログロウンという音声ブログに登録しました。今日は、小6ゲンキ君が作文を読んでくれました。電話からの録音です。聞いてみてください。バックの音響は、モモコちゃんです。

今度は教室のみんなで、面白い番組を作ってみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

★道案内をしよう!朝日まつど新聞より

★道案内をしよう!朝日まつど新聞より

この写真は、タウン誌「朝日まつど新聞」に載っていた「稔台小学校通り商店会」の地図です。これはいい作文教材になりそうなので、ちょっと使わせてもらいます。

以前、千葉県の公立高校入試で、地図を見て道案内をさせるという(小)作文が出ました。受験者を大いに悩ませたということで、結構不評だったようです。それはでも、本来とても良い問題だとも言えるでしょう。受験勉強で学んだことを、そのまま再生するだけのテストだけよりも、中には経験から学んだ知恵なども有機的に使うような問題があってもいいと思うからです。

とはいえ、難しい論文を書くわけではなく、たかが道案内です。日常の中でちょっと気を回して考えていれば、実は簡単なはずです。されど道案内です。中には大人でも、分かりにくい説明をする方もいます。

ポイントは、「相手の立場に立って」つまり、主観でなく客観的な視点を持てれば、分かりやすく伝えられます。この場合の客観とは、道を全く知らない相手の視点で、説明できることです。

小学生の場合は、まず、右、左、信号、四つ角、三つ角、三叉路などの言葉をきちんと把握することも大切です。でもそんな言葉を知らなくても、説明できるかもしれません。言葉を知ること。知らなくてもできること。でも、知っていたほうが分かりやすいこと。そんな両方からの視点が大事なのでしょう。

ということで、これを使って「作文テスト」というのも、面白そう。作文はテストにはとてもなじまないものですが、説明文や道案内なら、テストになりそうです。わたしはテストが嫌いですが、「テストごっこ」にしてしまえば、案外面白いかもしれません。

余談ですが、4月号の「朝日まつど新聞」さんに、ぶんぶん教室の広告を載せます。・・・ただ今、桜の季節を迎え、生徒を大いに募集しております。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

★添削痛(>_<)

lovely★添削痛(>_<)

  先週は久しぶりに、作文の添削をしました。ぶんぶん教室の作文ではなく、小学館アカミー(小学生の学習塾)さんから送られてきた作文です。ぶんぶんちゃんが書いたテキストで、本当にたくさんの子どもたちが作文を書いてくれています。それを読むのはとっても嬉しい!!

 そして全国の同塾の先生方が、頭を悩ませながら、あるいは楽しみながら、日常的に研修も受けて、指導されています。(その研修が楽しそうなの!行ってみたい)wink

 書いた子どもにもよりますが、今回、難しかったかなと思う課題は「ワルガキ・パワー」でした。書きやすかったのは「交通事故をなくす方法」です。今後の課題作りの参考にさせていただきます。(もうテキスト作りは終わってしまいましたが)

先週はほかの添削の先生と一緒に、教室で夜中まで添削していましたが、さすがに疲れました。翌日、身体中がどよーんとしているんです。「添削痛」と名づけてみました。やっと終わったヤレヤレと思っていると、次は、「七田チャイルドアカデミー」さんの添削が送られてきました。数は少ないのですが、タイミングが良すぎます。wobbly

七田さんのところも、教室個別で、ぶんぶんのテキスト「笑う作文講座」を使ってくれています。今回は、岐阜や倉敷の教室からです。それを見てしまったら、会ったこともない岐阜や倉敷の方々がありがたくて、とっても元気になりました。

時期によっては1000単位で添削があるので、それは「現代用語検定協会」の専門の添削の先生方が、見ていらっしゃいます。一人が添削できる人数なんて限られていますが、私も改めて、全国のいろんな子どもの作文に触れたいなと思いました。それは子どもたちの「思い」がいっぱいつまっているからです。その「思い」や「思考」を感じてみたい!!

どんと来い!添削(痛)wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

★日本語教えます

★日本語教えます

行きがかり上、外国人(ベトナム人の若い女の子)に日本語を教えることになりました。テキストは日本語学校に通っていた人から借りました。でも、日本語教師の勉強をしたわけじゃないから、ちょっと不安ですが、なんだか面白そうでもあります。

テキストを開くと、私たちが中学で英語を習ったようなイメージで、日本語が並んでいます。それを見ると、日本人の私が見てもなんだか難しそう。いつもの日本語が日本語に見えなくなってきます。何か別の言語として、少し客観的に見えてきます。また、外国人と話していると、日本語がいかに複雑か理解できます。

私たちが日本語を習うのとは違う点は、例えば、形容詞は「い形容詞」と「な形容詞」の二つが出てきます。「な形容詞」というのは日本語の「形容動詞」のことのようです。「美しい」は「い形容詞」。「きれいだ」は、「きれいな」・・・と活用するからか「な形容詞」と、書かれています。

きっと、教えているうちに、日本語に対する新しい発見がありそうで、どきどきわくわくです。目標は生徒さんが日本語を話せて、読み書きできるようになること。もちろん片仮名も漢字もです。俳句や歌などもできたらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

★場面描写のお手本(作文)

マレーシアで塾をやっている友人の「牛男のブログ」に、「中一生・はるこ」の作文が取り上げられていましが。

「場面描写の見本」のような作文と、評されています。とっても参考になるので、ぜひ読んでみて下さいね。

牛男ブログ←ここをクリックしてくだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

★リビングかしわ

★リビングかしわ

今朝、教室のポストに、リビングかしわ新聞が入っていました。早速、開いてみると・・・ぶんぶんのチラシが入っていました!!!ちょっとうれしかったので、モブログ(ケータイからブログを更新すること。モバイル+ブログだったような)してみました。

今回チラシを入れたのは一万部。地域は小金、新松戸あたりでもう一万部は終わってしまいます。また、何の問い合わせもありませんが、かわいい子どもたちが来てくれる、そんな気がします。confidentheart01ああ、きっとそこまで来てくれているんだわlovely待ってるからねぇ。

さて、昨日の高学年のクラスでも、さっそくパソ子(パソコンの幼名)と子どもたちが戯(たわむ)れました。一つ下の昨日の記事を見て下さい。記事が付け足してあるのに、お気づきですか?そう。途中だったヒカルくんの作文に、ゲンキ(小六)が最後まで書いてくれました。かわいい絵文字がいっぱい。やっぱり違いますねぇ。

昨日も、パソコンに載せるものを書いてといったら、四こまマンガを描いた子、最近の自分の悩みを書いた子などがいました。

そして・・・ゲンキくんは、「ぶんぶんちゃんを紹介する!」といって、私について書いてくれたいます。まだ途中なのでブログにアップしていませんが、たぶん来週にはアップできると思います。ゲンキくんがぶんぶんちゃんをどんなふうに見ているのか、すごーーーく怖いけれど、楽しみにしていますcoldsweats01

ということで、↑この顔文字たち、結構気に入ってしまいました。ココログは使いにくい気がするけど、どんどん新しく改良されていくんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

★教室にパソコンがやってきた!

★教室にパソコンがやってきた!

念願のパソコンが教室にやってきました。これでぶんぶんの授業でも、いろいろ楽しいことができそうです。実はアイデアがいっぱい。wink

今日は手始めに、パソコンで作文を書いてみることに挑戦しました。でも・・・ああ、彼らは三年生。まだローマ字を習っていません。キーボードを、ひらがな打ちにすればいいじゃないかと思うでしょうが、どうやってもひらがな入力にならない。はい、ぶんぶんちゃんはパソコン音痴なんですね。bearing

でも、おかげでローマ字の勉強になります。マイナスをプラスに転換する発想!!!これがぶんぶん教室ですからね。

で、以下に二人が書いた作文を発表します。一生懸命取り組みました。日本中の人に読んでほしいこと、を書いたようです。でもネットで発信するために書くのは、いつもの作文とは違って、読者がより具体的になるので、とってもいい!(作文の続きは、また書くつもりのようです)

 ・・・・・・・・★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・・

ぼくはいま、としょけん10万円分dollarをかくとくするために、ありがとうというテーマのわんぱく作文コンクールの作文を書いています。このようにぶんぶん教室では作文を書いたり、pencil歌を歌ったりしています。karaokeほかにも、俳句カルタ、漢字カルタ、ことわざカルタなどをみんなで楽しくします。それにぶんぶん教室は世界にたった一つしかない教室です。面白い天才がいっぱい集まっています(ぼく)。goodしかも、月謝は、まさかの一ヶ月六千五百円です。moneybagこれは行ったほうが得です。happy02まずは、体験で来てみてください。(ヒカル)住所はコチラ↓smile

松戸市殿平賀200プラージュ北小金103号室  入ってすぐ右です。

℡ 047(348)5606 

ぼくは、今世界中の人に、言いたい事があります。(ゲン)‥‥‥来週につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

★朝日小学生新聞・作文記事連載中!

去年一年間、朝日小学生新聞(月曜日紙面)に作文記事を連載してきました。おかげさまで今年も引き続き、連載することが決定しました!ありがとうございます。とってもうれしいconfident

東海林ふみの書いた作文コーナーを利用して、作文の学習をしてくださった公立小学校の方々もいらっしゃいました。クラスごと応募してくださった方もいらっしゃいます。また、中高一貫校の受験で、作文のコーナーが大変役に立ったという方。もちろん毎週チェックして、勉強された小学生、そして毎月のテーマに応募された小学生。中には小一年生もいました。

すべて書ききれませんが、みなさま、ありがとうございます。まず、作文の応募があってこそ、ようやく記事が書けるコーナーです。これからもどんどん応募してくださいね。

二年目の今年は、去年とは違った趣向でテーマを出すことも、スタッフみんなで考えています。楽しみにしていてください。

また、あのコーナーは、受験生を念頭において作られていますが、読んでくださっている方は、とくに受験に関係のない方も多いのではないかと思います。小学生なら誰でも「意見文」の書き方が学べるように、これからもアドバイスを書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。何かご質問があれば、こちらのブログへ公開コメントでお願いします。なお、新聞の記事内容や、作文の採用・不採用についてなどなど、お答えできかねることもありますのでご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »