« ★蜘蛛の糸 | トップページ | ★夏休みの宿題ラストスパート »

2007.08.24

★鏡の中の犬

鏡の中の犬

『読書の時間に読む本』(ポプラ社)

この中の 星新一の短編『鏡の中の犬』は、たった6ページですが、 感想文三枚書けます!森君(六年)は、書いていました。

彼はこの本を、本屋さんで自分で見つけて買ってきたそうです。どうしてこれを選んだのか聞いてみたら、五年のときに伝記を読んで感想文を書いたところ、大変苦労したとのこと。それで今回は「短いもの」が、彼の至上命題だったようです(笑)。去年の失敗(?)が生かされた素晴らしい選択だと、わたしは大いに褒めました。

ちなみにこの本には、星新一のほかにも椋鳩十、斎藤隆介(教科書にも載っている人)、などの短編が載っています。中には『屁っぷり嫁さま』(松谷みよ子)などの民話まであります。編者は西本鶏介です。

どれもすぐに読め、短い時間で何度も読み返しができ、お話の全体像をつかめるので、感想文にはお勧めです。『感想文のために読む本』と、書名を変えても十分通用する一冊です。

長い本は楽しみのために読みましょうね。

|

« ★蜘蛛の糸 | トップページ | ★夏休みの宿題ラストスパート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/16225440

この記事へのトラックバック一覧です: ★鏡の中の犬:

« ★蜘蛛の糸 | トップページ | ★夏休みの宿題ラストスパート »