« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.29

★夏休みの宿題ラストスパート

夏休みも、もう終わり。ツクツクホウシもいつの間にか、カネタタキなどの秋の虫の声に変わっています。今月末は、みんな読書感想文などの宿題に追われた人も、多かったのでは?

ぶんぶん教室では今日も、みんな必死に書いていました。低学年の子どもにとっては、下書きよりも清書が大変。内容を直しながら、また、直したものを見ながら、正確に書いていくのが大変です。

高学年のある子は、他の良くできた感想文を見せると、全くそのとおりに(本の内容にかかわるところは、ちゃんと書き換えて)書いていた子がいました。それでいいと思います。読書感想文の一つの形を知って、まずは真似してみる。学ぶとは「真似ぶ」だということです。

また今年も、読書感想文は本選びで決まる!ということを、さらに確認しました。短いもの、古典、童話、絵本(絵本なら何でもいいわけではありません)などがお勧めです。

ちなみに今年は「杜子春」(芥川龍之介)を書いたゲンちゃんは、教室で子どもたちが書いている「おかあさん」という新聞に、こう書いていました。

「1回書いて感想文を書こうなんて、甘い!最低10回は読むべし!」だそうです。(10回読むには、短いのがいいよね)

たんに面白かったから、だけで本を選ぶととんでもないことになります。「テーマ」を自分なりにとらえて、テーマについて考える。そこはもう普通の作文と変わらないように書いていけばいいわけですが。

ルカちゃんが持ってきた、「作文の書き方」の本を、他の子が借りて読んでいました。私も読ませてもらいました。著者が勧める読書感想文のための本も載っていました。それを見て、「私ならこう書くのに」という閃きをもらいまいした。そうそう、すぐ忘れちゃうからここに記しておきます。

追伸・今日は勢い余って、私の作文教育の師匠に、何年かぶりにお電話してみました。お元気そうでしたよ。師匠は、言語技術に最近はまっているそうです。やっぱりそうきたか!来週あたり研究所に遊びに行くことにしました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.08.24

★鏡の中の犬

鏡の中の犬

『読書の時間に読む本』(ポプラ社)

この中の 星新一の短編『鏡の中の犬』は、たった6ページですが、 感想文三枚書けます!森君(六年)は、書いていました。

彼はこの本を、本屋さんで自分で見つけて買ってきたそうです。どうしてこれを選んだのか聞いてみたら、五年のときに伝記を読んで感想文を書いたところ、大変苦労したとのこと。それで今回は「短いもの」が、彼の至上命題だったようです(笑)。去年の失敗(?)が生かされた素晴らしい選択だと、わたしは大いに褒めました。

ちなみにこの本には、星新一のほかにも椋鳩十、斎藤隆介(教科書にも載っている人)、などの短編が載っています。中には『屁っぷり嫁さま』(松谷みよ子)などの民話まであります。編者は西本鶏介です。

どれもすぐに読め、短い時間で何度も読み返しができ、お話の全体像をつかめるので、感想文にはお勧めです。『感想文のために読む本』と、書名を変えても十分通用する一冊です。

長い本は楽しみのために読みましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

★蜘蛛の糸

蜘蛛の糸

小5のみほちゃんが、宿題の読書感想文を書くといって、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を持ってきました。その絵本(写真)を見て、惚れました!なんて絵がすてき。中を見ると、カンダタの落ちた地獄の針の山や血の池の様子が描かれています。地獄ですから当然不気味な絵なのですが、どこかユーモラスであったかい。地獄という恐ろしい場所なのに、ちょっと行ってみたくなる感じです。

実は教室で少し前、読書感想文の話になったとき、「蜘蛛の糸」を朗読してあげたことがありました。「こういうので書いてみたらどう?」と、その他教室の定番「青い鳥」(メーテルリンク)とか、イソップ、アンデルセン童話、昔話などの紹介しました。

毎年本屋さんに並ぶ課題図書に限らず、本は好きなものをどんどん読んで欲しいと思っています。でも、読んでから何かを「書く」本と、ただひたすら楽しくて「読むだけ」の本は、違うと思っています。とくに感想文を書く「練習途中」の年代である小・中学生は、「短くて、全体像がつかみやすい」本を選ぶのがいい。できれば昔からある「定番」が書きやすいはずです。

みほちゃんの選んだ「蜘蛛の糸」は、定番だし、文章自体は10分もあれば読めるぐらいの短さ。そのうえ絵本なら、文章の難しさがあっても、絵がそれを補ってくれます。定番が何故良いかは、テーマが分かりやすいからです。もちろん決まったテーマでかく必要もないけれど、子どもは何か一つ分かりやすい物があった方が、書きやすいからです。

その点からすると童話なんて、世の中の真実を理屈なしに見せてくれて、子どもも共鳴しやすくて、とってもいいのにね。童話で書くのは、子どもっぽいと思っている大人の方がいたら、この「蜘蛛の糸」シリーズの絵本をためしに読んでみるといいかもしせん。

このシリーズは一応「大人の絵本」、小学中級以上のお子様にも、なんて親切に書いてあります。

この他、「注文の多い料理店」を始めとする宮沢賢治の作品が15ぐらいと、小泉八雲「雪女」、小川未明「赤いろうそくと人魚」などが入っています。

みほちゃん!!!本のカバーの裏に書いてあったところを、しっかり読んで、分からないところはお母さんに相談してきてね。それにしても、こんな絵本を買って、おうちの本棚に入れておいたみほちゃんのお母さんのセンス、好きです。(*^・^*)CHU

次はもっとびっくりの、森君の持ってきた本を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

★バーミッションって?

昨日の大盤振る舞いが、今日は恥ずかしいのでさっさと次の記事を書くことにしよう・・・と言いつつも、きょんちゃんコメントありがとう^^

そこで昨日の話題をもう少し詳しく。「バーミッション」について。最近知ったのですけど、「自分で自分に許可を与える」ということらしいです。誰が始めたとかそういうことは抜きにして、これはいい!と直感で閃き、自分自身にもたまに使っています。

昨日例を出したように、わたしは仕事が遅い。でもできたら早くしたいと思っているけれど、悪い癖でなかなか難しい。そこで「仕事を早く終わらせていい」「仕事を早く済ませて余裕をもっていい」「仕事の余裕を楽しいことにつかっていい」などと、なるべく簡単に同じことを三つ繋げて書いてみるんです。それで唱えたり、見えるところに張ったり。

身近なことでなりたい自分を描いて、とにかくやってみてください。まず、とても気が楽になります。そしてそうしたら気持ち良いだろうなと思えてきます。すると、すっとできるような気がしてくるから不思議♪実際ふっと仕事に取り掛かれたこともありますよ。体感してみてね。

もちろん大きな夢でもいいと思う。お金もちになっていい、楽してお金を稼いでいい、必要なお金はもうけていい、、、なーんてことでもいいらしい。都合よすぎ?いえいえ、人生は楽しく!

ちなみに人生後半のわたしは「人生かっこよく!」と思っています。なかなか難しいことですが。

閑話休題。

このバーミッション。実は先日の流山教室で思いついて使ってみました。ちびっこクラスの時だけですが、思いつきの割りにはうまくいきました。(先日のアトリエ新松戸では失敗でした。でも次は大丈夫^^)

子どもたちが緊張しないように、自己規制しないでかけるように、作文への恐れや苦手を取り除くために。ホワートボードに彼女たちを感じつつ書いてみたのは、

「何を書いてもいい、へんなことを書いてもいい、少ししか書けなくてもいい、何を書いても怒られないからいい」なーんて感じでした。これから教室でもどんどん使ってみようと思います。

実はぶんぶん教室でも違う内容でやってみましたが、それはいまいちでした。低学年は、自分の望みに気づき、バーミッションを作ることがまだ難しいのかもしれません。まずは目の前の作文でやってみるのが分かりやすいなと思っています。良かったらやってみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

★おーい!仕事♪

今、ぶんぶんがしたいことは、

①中、高校生ぐらいに向けて「書くこと、考えること」についてお話すること。

②2、3歳の幼児とお母さんとが一緒に参加できるワークショップを開くこと。テーマは、幼児の表現力を広げること。実はその裏に、もっと大事な隠れたテーマもあり。

③塾の先生など作文指導者を対象にした、作文指導についての講座。

④もう一つあるけど、これはまだ考え中。でも、一番緊急性があるような気がする。

いまんとこ、こんな感じ?あ、20年来の夢がこの他にあって、この夏チャレンジしています。それから歌に関しては、もう遠慮なくいろんな企画を進行中です。だって、誰に遠慮する必要がある???

これは、「アファーメーション」ってやつでしょうか。夢を実現するために、こうなりたいということを、「こうなります」という言い方で表現するというもの。聞いたことはありますか?

しかし今日は強気な大盤振る舞いだな。お盆の真中の日だからかしら?何かが押してるんです^^

さ、火曜日は朝日小学生新聞の記事の締切日です。小学館のSさんからも、次のアカデミーさんのテキスト原稿の催促が。いつも遅くてSさんを悩ませています。今度は少し心を入れ替えなくちゃ。と、何度言ったことか・・・

バーミッションというやつではね、自分に許可を与えるの。なりたい自分を描いて。例えば、「仕事を早くおわらせていい。仕事を早くして余裕を持っていい」っていうふうに。これ、かなりいいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★この写真にピンときたら・・・

マレーシアに住む旧友、牛男さんのこの写真!!

ピンと来た方は、ファンタジーの住人。真実の探求者。なーんてね。ファンタジーは、現実を強く生きていくための大切な避難所でもあると、思っているんです、ぶんぶんは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.13

★みんな可愛く個性的

お盆休みですが、みなさまいかがお過ごしですか?私はさっさと田舎に帰ってきたので、今は家でのんびりしています。のんびりしすぎです。ギター弾いたり、歌を作ったり、掃除は好きじゃありません。(u_u;)

さて、先日の流山出張教室の女の子たち(小3)について、感想を書きますね。4人のうち3人は、以前に教室の夏期講習に来ていただいたので、あ~~○○ちゃん元気?という感じでした。高学年に比べて低学年は、そんなに変わった印象はなく、あの時の無邪気な子どもたちがいました。

Sちゃんはおしゃべりが好きです。身近な話題をお話してくれます。それでも授業で質問すると、「わかんない」と答えることが多かったかな。質問と言っても、知識を問うものではなく、例えば「どうしてそれが好きか」という、理由を問うものなどです。書くことは、すぐにはなかなか広がらない感じだなぁ、と最初の授業では思っていました。でもね、3回目の授業の時は、全然違う表情を見せてくれました。前のテーマとはまたかなり違い、読書感想文のヒントになればと、イソップ童話を使いました。彼女は、アリやキリギリスの立場になって、自分を置き換えたりして、一番に手を挙げて発言してくれました。六年生にも負けないくらいに。

いろんなテーマによって、作文も書けたりかけなかったり。つまり思考のアプローチにもいろいろあるということです。だから一度だけでなく、いろんなテーマで書いていくほどに、その子の力や個性や得意なことが見えてくるなぁと、改めて実感しました。きっと作文を見ても、それが感じられたかと思います。

いつも思いますが、得意な部分から広げてゆき、だんだん苦手なところもファローしていくのが、その子らしく伸ばしていくコツです。

ル○ちゃん。イタズラっぽいお目めがぱっちりで可愛い♪授業中は大人しかったけど、授業が終わると突然元気に。その瞳が表わしているとおり、活発ではつらつとしている子です。でも、書いているときは、不安そうでした。たぶん、「自分の書いたことはあっているのか、間違っているのか、これでいいのか。人と違わないか」そんなことを思っていたのではないでしょうか。本人は自覚していないでしょうけれど。

でも、作文はテストではないのです。答えは100人100通り。自分の直感に素直になって欲しいと思います。思いや考えがないわけでは全くないはず。一度では無理ですが、時間をかけて自分の思ったことに自信をつけていけば、いろんなことがすごく開花するんじゃないかと思いました。それには周りの大人が、まずそのまんまの彼女の「考え」を認めてあげる、受け止めてあげること(=愛)だと思います。

一つの価値基準で(一般的に例えば勉強など)だけで評価しすぎないことも、大事じゃないかな?それはそれで一つだけど、他にも価値基準なんてたくさんあるんだよ、と知ればいいだけなんです。

り○ちゃん。彼女とは初めて出会いまいした。まっすぐで、自分の頭と心をフルに使って、いつも一生懸命考えていました。想像していました。考えることが好きなんだと思います。自分の目線で、いろんなことを見つめ、考えることができていました。ゆっくり物事を観察して感じ取っています。そういう子はそのままを伸ばしていけば、書くことも好きになります。

「蝉の声、聞いた?」と聞くと「聞いてないし、知らない」というので、今年はまだ聞いていなかったのかなと思いましたが、身の回りのいろんなこと、夏なら、蝉、雲、スイカ、アイス、お祭り、花火、そんなものたちをじっくり楽しんで言葉で表現していくことで、自分の見方がさらに伸びていくと思います。

Aちゃん。彼女は都合で一度だけの参加でした。とても大人しくて、授業中には隣に座ったRちゃんに、通訳(笑)をお願いしたくらいです。自分の考えを、しっかり守っている人ですね(笑)それは頑固なくらいに。芯があります。作文にも味がある。それがぱーーと出てくるのはこれからなのでしょう。ぜひ他の作文も書いてほしいなぁ。

大人しい子は、学校でもどこでも、いろんな人間観察をしているもので、だから文章を書くと、他の人と違ってユニークな視点でものを見ていることが多いです。Aちゃんもそんなタイプです。このままですごくいいんじゃないかな。さらにいろんなものを受け入れていく柔軟性を伸ばしていくと、もっといいものになっていくと思います。そして書くというコミュニケーションに自信をつけたら、おしゃべりすることへも繋がっていくといいですね。

印象を書きました。本来ならお一人お一人にお話すればいいことも、入っていたかもしれません。でも、他の方の参考にもなればと思い、書いてみました。ほとんどもう、お母さんたちにお話した内容でしたね。では機会があればご感想など聞かせて下さいね。

夏休み後半の、読書感想文教室でお待ちしています(主にお兄ちゃんたちね)チビッコは、イソップや昔話で書いてみるのがいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.10

★楽しい集まり♪

しばらく田舎(長野)に帰っていました。

さて、先日の流山出張ぶんぶん教室ですが、途中の回から参加してくれた小六のM君に、授業が終わって感想を求めるとひと言。

「この集まり自体が、楽しかった♪」

・・・そっか、よかった~~・・・・しかし、集まりって??

ちなみにM君、初日は文になってないところもちらほら。なのに次のクラスでは、文も内容もとっても良かったよ。小3の女の子たちも、テーマによって違う表情を見せてくれました。やっぱり一度で分かることと、わからないことがありますね(彼女たちについては、次に書きますね)

テーマが違うというのは、それに対する好き嫌いもありますが、たぶん思考の方向や方法が違うのだと思います。イメージが得意な子、論理的に考えるのが得意な子、と違うように、テーマによってその子の得意なことや苦手なことが出てきます。

だから一度かけなかったからといって、書けない子ではないんですね。もちろん一度かけたからといって、いつでも書けるとも限らない。その都度いろんな発見や成長があるのが、書くことの面白さですね。

そして鈴木さんからは「作文を見ると、子どもたちがこんなことを考えていたのかと、普段知らない子どもたちの気持ちが見える」というようなメールをいただきました。まさにそうです!我が子の理解に役立ったらうれしいです。ま、それも小学生まででしょうか?(女の子は高学年ぐらいから親には見せませんよね)

そのまんまを大事に受け止めてもらえたらいいなと思います。どーんと広い心で受け止めてもらえたら、子供たちも安心して伸びていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

★旧友との再会

先日、旧友の牛男さんがマレーシアから帰国したので、昼間から神保町でビールとワインを飲み、語りました。どんな記事を書こうかなと思っていたところ、牛男がちょうど良い記事を書いていたので、それを引用してお茶をにごそうと思います。彼の記事は長いので、面倒くさい人は、真中から後半を読むべし!

牛男さんの記事を読んでね。

えっと、私が言いたかったことを、間違いなく書いてくれています。子どもには嘘をつけない、そして「子どもは私の味方だ!」と。。

言葉の世界、自分の内面の世界、そして周りの世界に、深くて広い世界に、言葉を通して出会って行く。それだけが大事なこと。

追加で、こんな共通認識もあったよね。今は進学塾などで、作文作文と言っている。塾でも教えている。それはまず受験で出るから。この傾向は私たちにとって、すごくいいよね。社会のムードとしては、作文は大事だってわかってきたわけだから。まあ、私たちはそんなの20年前からわかっていたけど。そして、私たちの仕事にとってはとても好都合。だって、他でやってることと私たちのやってることは、入り口からして全然質が違うから。もっともっとムードを盛り上げていただきたいと、真面目に思うのでした。

ちょっと今日は飲みながら書いているので、大口叩いてしまいました。失礼しました。でも嘘は言ってないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

★お題は{夏」

このところ「夏」をテーマに、作文や詩をかいています。先日さらちゃんが書いた「夏」の文章がよかった!夏の始まりの印象をいろいろ書いて、最後に「夏が始まった」で終わっているの。そこで、最後の一行をいただいて、最後に「夏が始まった」で終わるように書く、というのをやっています。

(ちなみにサラちゃんの文章は、子どもたちの作る次の新聞に載る予定)

どんな作文でも、書き方なんていろいろあります。今回は夏の始まった印象を、日常の風景や音、匂いなどから切り取るもの。夏が終わって夏の想い出を書くのとは、少し違います。

また、低学年はいきなりはむずかしいので、いつもの紙に書く「連想法」で「夏」についての連想をした後で、それを使って、文の書き方も例を示してから、夏の印象を書いていきました。

これが、なかなか良かった!体験を書くのは、子どもにとって(大人にとっても)難しいことだと、作家の井上ひさしさんが書いていましたが、体験を思い出して書くのに苦労する子でも、また、作文が苦手であったり、発想のトレーニングがまだまだな子でも、この方法なら手軽で楽しくすてきな文章ができあがる!(と思う)

さて、今日の流山出張教室も、これをやろうね^^

夜は、パタータの日です!!今日はりえちゃん関係、娘と友だちなどなど、たくさん来てくれるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.01

★必然の修正テープ

毎週火曜日は「朝日小学生新聞」の原稿締切り日。

昨日は、授業が始まるギリギリまで、新聞に載せる作文の添削原稿を作っていました。子どもたちが応募してきたナマの作文用紙に、ペンで添削しコメントを書きます。それはそのまま、新聞に載るものなので、多少(笑)きれいな文字で書かなくてはいけません。

ところが、うっかり波線を引く場所を間違えてしまいました。教室に来ていたサラちゃんに、「ホワイトある?」と聞くと、「ごめん、ないや」という返事。いつも持っているサラちゃんは珍しく持っていない。私のも行方不明。さあ、どうしようと、他を進めていると、そこへシンヤが登場。いつもは筆箱さえ持ってこないシンヤに、一応聞いてみる。

「ねぇ、ホワイト持ってる?」「ホワイト?修正テープでいいならあるよ」「えー良かった。貸して」

ふう、助かった!!でも、本当に奇遇でした。年に一度ぐらいしか筆箱を持ってこないのに、何故かこの日はもってきた。それも修正テープまで。聞くとそれは、新浦安で買ったものだそうです。

それはまさしく「必然の修正テープ」です。この日、ぶんぶんちゃんに使われるために、シンヤが新浦安から運んで来たように思えました。こういうコトって、最近よくあるんです。必要なものって、本当に必要だと思えば、こうして向こうからやって来るものなんですね。なんかすごくない???

そんな風に、「運を引き寄せる力」も、教室でみがけたらいいですねぇ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »