« ★はじける笑い | トップページ | ★一本の電話 »

2007.03.13

★逃げる、あるいは壁

今日の中高生クラスのお題は、「逃げる」あるいは「壁」だった。

それは、とある生徒の今の課題でもある。「あなたはいつも、逃げてる」と、ある人から言われたらしい。実は、授業が始まる前に、ささいな会話から同じようなことを感じたので、そのことを話しているうちに、「逃げる」という話題になった。

結局以前からのその生徒の課題なのだ。そしてこれまでは、それでもよかった。でも、進路ということが絡んでくると、もう逃げてはいられない。課題にぶつかるときがきたのだろう。

その生徒と話していて、生徒は自分で気づき始めた。いや気づいていたけれど、今日はもっと細かく気づくことができた。その生徒は、壁にぶつかって逃げているのではなく、ぶつかる前にひょいと逃げてることを。

「そうだよ。ぶつかってない。だってぶつかると痛いもん。傷つきたくないんだよ。そのとき、できない自分というのを見るのがイヤ。それを見て傷つきたくない。ぶつかってないから、いつも先が見えないの。不安なの。自分が分からなくなるの。ぶつかってみなよ。多少は痛いけど、次にどうしたらいいかが見えてくるから」

そして「逃げる」という作文を書いた。

作文の最後には「逃げない○○、逃げない△△、逃げない□□」とあった。(○や□には、目の前のやりたいこと、夢があった)

そういつも、夢ややりたいことから、そのために「今やるべきこと」から目をそらしていたのだ。私は作文のコメントに、「やる、やる、やるのみ」と書いたけど。。。

大きな物ばかり見てしまうと、ため息が出るけれど、まず小さな小さなことを目の前において、やってみる。それを続けていって欲しいと願ってるよ。

教室からの帰り際、「気をつけてね」と言ったら「気をつけてね、といわれるとその言葉が言われた人を守るんだって♪だから、ぶんぶんちゃんも気をつけてね」と言った。

なんてなんて、素敵なことを言う人だろう。「気をつけてね」って、もっと思いを込めて言うよ。

|

« ★はじける笑い | トップページ | ★一本の電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/14252975

この記事へのトラックバック一覧です: ★逃げる、あるいは壁:

« ★はじける笑い | トップページ | ★一本の電話 »