« ★ぶんぶん生たちとの再会 | トップページ | ★声を盗まれた! »

2007.01.28

★は・い・く

2月は、おーいお茶・新俳句大賞の作品応募締め切り。ぶんぶんでは、今年も俳句作りに取り組んでいます。

小学一年生から高校生まで、今年はなるべくみんな応募できるといいな。佳作特別賞以上に入賞すると、お茶のペットボトルなどに、作品と名前が載るんですよね。これはとっても記念になります。過去、ぶんぶん生も、何人か入賞しています!

教室では、ときどき一茶の俳句カルタをやっています。知らず知らずのうちに、俳句のリズムが身体に沁み込んでいたら、うれしい!五七五のリズムは、俳句だけに留まらず、日本語の全体のリズムにつながる基礎になるのではないでしょうか。

一茶の俳句からも分かるように、俳句は一枚の絵です。教室でも俳句を作るときは、①感動したり発見した場面の絵を書く(やったことではなく、見たこと)②その絵についての説明、印象を文章で書く。③その文章の中の言葉を使って、俳句を作る。というふうに取り組んでいます。

俳人でもない私たち、とくに子どもたちが、いきなり俳句を作っても、9割以上が、どこかできいたようなものになってしまいます。それではつまらない俳句になってしまうし、俳句の面白さも味わえません。その子らしい俳句を作るためにも、絵と作文は欠かせません。

文章の中には、ステキな言葉が必ずあります。その言葉で俳句を作ると、とっても素敵な俳句のできあがり!!となるんですね。

折に触れ、17文字の言葉を詠む、そんな人が増えたら、世の中にちょっぴりゆとりが生まれる気がします。

★絵と俳句は、しばらく教室に展示しておく予定ですので、ご覧下さい。

|

« ★ぶんぶん生たちとの再会 | トップページ | ★声を盗まれた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/13684728

この記事へのトラックバック一覧です: ★は・い・く:

« ★ぶんぶん生たちとの再会 | トップページ | ★声を盗まれた! »