« ★空がきれいだよ | トップページ | ★死神 »

2006.10.09

★夢十夜の質感

「夢十夜が、今度映画化されるの、知ってますか?」

ユウコちゃんからメールがメールが来ました。彼女は小学校から中学まで何年かぶんぶん教室に通ってくれた生徒です。今は高3生で、今年の初め、「またぶんぶんに通いたい」って、電話をくれました。そして今は、アトリエ新松戸(美大・芸大の予備校)の生徒であり、夏休みはアトリエの私の国語の授業で出会いました。

「ぶんぶんでもやったよね、第一話と三話」

「そうだね、よく覚えていたね。うれしいな」

何となく一話と三話がお気に入りで、授業で読んで作文を書きました。もちろんぶんぶんでやるのですから、単に感想文を書いたりなんてしませんよ~~ね。

ユウコちゃんは、どこまでこのお話を覚えているのか、その時どんなことを考えて作文を書いたのか。きっとそこまでは覚えていないかもしれない。

でも、それよりも、「ぶんぶんでやったね」と覚えていてくれたこと。それが大事なんだと思います。それで十分なんだと思います。ぶんぶんで読んだ、その時の教室の雰囲気とか、教室の電気とか、私の声とか、あなたの声とか、表情とか、、、そんなことが大事じゃないかな。それが作品の質感につながっていくような・・・作品を一緒に読むって、そういうことを共有するってことじゃないかな?

そして、一度出会っておけば、再会できる。親しい人に会った気分で。そしてその年齢ごとの感性で、何度も読み直して、考えを新たにしていってほしいなと思います。そして、そのためにとても力を持つのが、古典なんだと思います。

古典は普遍、そして柔軟です。解釈は作品の枠の中で、自由なんです!さて、最近古典やってないから、やろうかな?

|

« ★空がきれいだよ | トップページ | ★死神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/12216284

この記事へのトラックバック一覧です: ★夢十夜の質感:

« ★空がきれいだよ | トップページ | ★死神 »