« ☆コックのコップ~受験 | トップページ | ★受験生の面接「目は泳がない」 »

2006.01.05

★神の言葉の代弁者

子どもの書いたものを、楽しみにしてくれるジャイチ!

そして皆さま。

子どもたちの言葉は、いつもいろいろなことに気づかせてくれます。子どもの言葉は私の先生でもあります。言葉も考え方も、先生です。

子どもは直感の生き物だから、人生で大切なことをシンプルに知っているんだなと、思います。だからそれを聞いて、また考えます。

子どもの言葉って面白いよねぇ。と言える大人は素敵です。子どもの心を失っていないからです。でもそれだけじゃ、もったいない。とも思うのです。

わたしが思うのは、面白いじゃ済まないよーってことです。子どもは「神様の言葉の代弁者」、大げさですが、そう思います。

それをわたしはつぶさないように、引き出し、応援するのが大人の役目だと思います。それを分りやすいように、言葉に置き換えて伝えていくことも、大人の仕事です。

子どもの言葉に耳を傾け、傍らに寄り添って、わたし自身も魂だけでも、いつまでも子どものように、自由に、無邪気に、シンプルにいたいなと思います。

大人になると見栄とか何とか、社会を生きるのに身に付けた鎧がいっぱい。だからこそ、シンプルに戻ることが大事なのかもしれません。

新年を迎え、心新たに。

|

« ☆コックのコップ~受験 | トップページ | ★受験生の面接「目は泳がない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/8013165

この記事へのトラックバック一覧です: ★神の言葉の代弁者:

« ☆コックのコップ~受験 | トップページ | ★受験生の面接「目は泳がない」 »