« ☆柿 | トップページ | ★晩秋から初冬へ »

2005.12.11

★上手さではなく、問題意識

「絵がうまい人や漫画がうまい人はたくさんいるのですが、
漫画家にはなれないのは、そこの中に現代のセンスや問題意識、
その人独自の感覚的なものが何も磨かれてないからです。
他人の絵の表面だけをなでているだけなのです」

ブレスヴォイストレーニング研究所通信1213号より引用しました
(福島英氏)


以上のことは、どんなことをやるにしても、当てはまることだなと思います。福島さんのメルマガを購読していますが、彼の言葉は哲学です。音楽だけに関わらず、全てに通じることをおっしゃいます。一つの道を追求した人というのは、皆さん共通していますね。


「どうやったら作文が上手になりますか」と聞かれます。まず、自分ありきです。自分がそのことを、世界を、今日のできごとを、どう感じたのか。居心地よかったのか、気持ちよかったか、違和感を感じたのか。その感情の周りに、その人の思考を肉付けしていくものだと、最近つくづく思います。(気持ちを書きなさいというのと、またちょっと違うのだけど・・・)

つまりそのひとの表現したいものがあって、では、どうしたら表現できるのかという、技術も大事になってくるのでしょう。自分の身体から出た言葉は、たとえ文法が少々間違っていても、読んだ人に、伝える力を持っていると思います。

それが「表現力」というものかもしれません。

|

« ☆柿 | トップページ | ★晩秋から初冬へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/7562678

この記事へのトラックバック一覧です: ★上手さではなく、問題意識:

« ☆柿 | トップページ | ★晩秋から初冬へ »