« ★晩秋から初冬へ | トップページ | ★さくらんぼの種とヘタ »

2005.12.12

★子どもと詩

前記事の続きです。

草野心平の「おたまじゃくしたち四五匹」という詩を、授業で読んだのは、前にも書きました。45匹のおたまじゃくしたちが、ひと言ずつお話している、という詩です。「うれしいっていうことは、かなしいっていうことなんだよ」という言葉が何度か出てきます。

土曜日午前のクラスでも、一人一行ずつ、この日は私もいれて8人で、ぐるぐる読みました。いつもは6人ですが、たまたま年長さん(幼稚園)のみぃちゃんが、このクラスに参加しました。

小2から5年生までいる中で、みぃちゃん、ちょこんと座っています。いつもよりかなり、いい子にしています。私も気にせずいつもの調子で進めていました。彼女もナチュラルな感じでそこにいるのが、伝わってきたので、ホントに何も気にせずお話していました。

しばらくして
「みんなもうれしいことや、かなしいことってあるよね」
と聞いてみました。そうしたら一番に、みぃちゃんが答えました。

「わたしね、お友達が意地わるするときが、かなしいの。それで、お友だちと仲良く遊んだ時、うれしいよ」

まったく臆せずお話していました。それにこの内容です。もう、涙です! これって、まさしく「うれしいことは、かなしいことであり、かなしいことは、うれしいこと」です。「友だち」とか「人間づきあい」って、まさにその両面です。

そして、世の中のこと全ては、実はコインの裏表なんですね。かなしいだけは在り得ない。うれしいだけも在り得ない。そういう大事なコトを子どもは、毎日の生活の中で、直感で掴んでいます。あるいは、生まれながらにして知っているのかもしれません。

そういうこの世界の真理みたいなものを、忘れてしまうのは、案外大人なのでしょう。ずっと闇なんて、在り得ないのに。ずっと闇だと、思い込んでしまうことが、わたしもあります。

そんなふうに、子どもは直感で人生を感じとっていく生き物だなぁと、思います。また、詩というものは、理屈じゃなくて感性にストレートに、大事なことを響かせてくれる芸術だなぁと、思います。

子どもと詩って、似ていませんか?子どもと詩って、似合うと思いませんか?

この日、7人の書いた作文、ホントに素敵だったーー(そう、はるか、ひかる、くりたま、るか、みずき、みづきの7人でした。たまには別のクラスの子どもが、交ざるのは面白いね。大きい子もとても刺激になるみたい)

|

« ★晩秋から初冬へ | トップページ | ★さくらんぼの種とヘタ »

コメント

素敵なブログですね。なにか潤いのある心にであったような感じがしました。

投稿: もりやま | 2005.12.14 10:18

もりやまさん。

ご訪問ありがとうございます。
来ていただいてうれしいです。
ふとしたことから、もりやまさんの絵のブログを発見。
わたしの方から、あまりブログを見たり、出かけたりは、
最近してないのですが、素敵な子どもの絵に出会い、
ついついコメントさせていただきました。

子どもの絵は、どれも素晴らしいですね。
わたしの教室でも落書きを子どもたちは大いに書きます。
そうすることで、言葉がでてきて、心が自然に開いて
すてきな文章も書けるようになるみたいです。

投稿: ぶんぶん | 2005.12.16 14:04

おたまじゃくしたち四、五匹ではないでしょうか?
4、5ひきのおたまじゃくしたち、ですよね?これ

投稿: なお | 2016.04.17 23:06

なおさん、こんにちは^^

本当ですね!
45って書いてしまっていますね。
いま手元に本がないですが、四五匹ということは
4、5匹のことなんですね。
ありがとうございます。

11年前、どうだったか記憶があまりないですが、
オタマジャクシ・・から、うじゃうじゃたくさんいる!と私はイメージしてしまったかもしれません。

ところで、本筋の裏表の話はいかがでしょうか?
感想いただけたら嬉しいです!

投稿: ぶんぶん | 2016.04.20 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/7579909

この記事へのトラックバック一覧です: ★子どもと詩:

« ★晩秋から初冬へ | トップページ | ★さくらんぼの種とヘタ »