« ★正しい苦情の言い方 | トップページ | ★誉められちゃった^^ »

2005.11.17

★教室に炬燵(コタツ)!

木曜日、小2クラスでのこと。

「ぼくんちね、コタツ出したよ」
「いいねぇ。。。。そうだ!ぶんぶん教室もコタツにしようかな?」
「いいねぇ」
「わーい、こたつ、こたつ!」

と言いながら私はその場で飛び跳ね、ケイちゃんは、向こうまで行って飛び跳ね、タクちゃんは、机をたいこのようにバンバン叩き。

「長机をたたんで、それでここに二つのこたつを置けば、大丈夫。その上に折りたたんだ机を置けばいいかな?」
「それで、みかんたベよう」
「おせんべと、お茶もね」
「うん、うん」
「でも、眠くなっちゃうと困るね。姿勢も悪くなっちゃうな。ちゃんと作文書けるかな?」
「うん、今日はみかんを食べました、とか」
「いいね、それ」

・・・そんな話で盛り上がりました。

ぶんぶん教室は、世間言葉でいうと塾です。塾はたくさんあります。でもぶんぶん教室は、世界に一つしかありません。ここが世界の中心なのです。だから、塾ということにとらわれることなく、コタツでもいいじゃないか!3ヶ月ぐらいこたつにして、教室にも冬がやってきて、なんだかいいなと思いました。ホントにするかどうかは、要検討ですが、「教室にこたつ」を想像してみるだけで、楽しいものですね。うふっ^^


そして秋といえば・・・トーゼン詩だよね、ということで、本日は谷川俊太郎の「あなた」をやりました。
今日の作文のラスト一文を紹介しちゃいましょう。


「ぼくはかみの毛を、うしろだけのばしています。なぜかというと、寒い冬作戦、だからです」byケイ

「ぼくは目の下に、泣きボクロがあります。それは泣いてばかりいたから、できてしまったのです」byタク

もう、たまらなく光ってるでしょ?

(昨日は予告どおり、苦情を偵察しに行ってきました。またソノ話は後日)

|

« ★正しい苦情の言い方 | トップページ | ★誉められちゃった^^ »

コメント

私の塾なるものの原風景がせかちゅ~なぶんぶん教室に見えます。

私は小学校3年から6年まで静岡の横山勉強会という、「おばさん」(と呼ばせていたせんせぃ)がガリ版で作った問題を、ごちゃごちゃの中で勉強する寺子屋みたいなところに行ってました。

お兄さんお姉さんは問題が終わっちゃうと、小さい子の勉強を見てあげます。時には後輩が先輩の勉強教えることも・・

こたつではなかったけど、二人でつかうちゃぶ台みたいな木の机。

皆でおでん大会とかお好み焼き大会もしました。

いつかどこかで、寺子屋、が夢なんです。

投稿: きょん | 2005.11.18 00:07

きょんちゃん。

きょんちゃんのコメントを読んだ、中学生の弟子が、「寺子屋っていいねぇ」ってメールくれました。素敵な夢。もう叶ってるね。叶ってるよ。あとはドコでやるかだけだね。楽しみにしています。
ぜひ、セカチュウな寺子屋・きょんきょん(笑)を、この世に出現させてください。まってるよーー

投稿: ぶんぶん | 2005.11.19 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/7172557

この記事へのトラックバック一覧です: ★教室に炬燵(コタツ)!:

« ★正しい苦情の言い方 | トップページ | ★誉められちゃった^^ »