« ★メロスのどろどろ | トップページ | ★メロス 3大謎 »

2005.08.27

★二日目に作文が変わった!

夏休みの間、短期の作文講座を行いました。5日間でしたが、とっても楽しかった!

低学年のクラスが終了した日、短い時間でしたが、生徒のお母さんたちとおしゃべりしました。

そこで、とても嬉しいお話が聞けました。小1のヒカル君のお話です。野球が大好きなやんちゃなオトコの子です。お母さんは夏休みの間、彼に日記をつけさせていました。今日、何をしました、楽しかったです。という3つの文を、毎日書いていたそうです。

彼としてはやっつけ仕事のように、書いていたそうです。

ところがぶんぶんに通って二日目のこと。彼はいつものように日記を書いたそうです。ところが、その内容が、昨日とはガラリと変わったというのです。

今日、誰と誰と誰とで、、、と、まず一緒に遊んだお友達の名前を全部書きました。そして、何をしたか。くやしかった。そして、くやしかったのは「なぜか」というわけも入っていたそうです。

そんなことを、お母さんが教えてくれました。それは私にとってもびっくりするできごとであり、嬉しくもあり、同時に
自分のやっていることが、そう間違ってはいないんだなと、評価をいただいたようで、ありがたいことでした。

毎日、ヒカルとお母さんの続けてこられた努力にも、頭が下がります。

ちなみにぶんぶんで一日目にやったのは、夏に関する連想ゲームと、二日目は、好きなものが何故すきかの、わけをきちんという、という作文をやっただけです。「なぜなら。。。だからです」とワケをいう練習です。

この課題の意味や、楽しさ。子どもの書くことの面白さは、長くなるのでまた別の機会に。

どういうことが、どういう形で、子供たちの力として伸びていくのか、普段なかなか見えないのですが、ヒカルのお母さんは、こうも話してくれました。

「ここでは、子どもの言ったことを否定しない。間違っていようと、なんだろうと受け止めてくれる。それが子どもにとって、とても居心地がいいことなんでしょうね」と。

だって、全てはそこからはじまるのだからね。


今回講座に来てくれた子供たちは、みんなまんまとぶんぶんの穴にハマってくれたようです。「楽しかった。ぶんぶんに通いたい」って言ってくれたみんな、ありがとう。9月になったらまた会おうね!!とても遠い茨城から、片道二時間もかけて来てくれた方もいて、身が引き締まる想いでした。

|

« ★メロスのどろどろ | トップページ | ★メロス 3大謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/5666865

この記事へのトラックバック一覧です: ★二日目に作文が変わった!:

« ★メロスのどろどろ | トップページ | ★メロス 3大謎 »