« ★カーニバライブ! | トップページ | ★ブログでの再会! »

2005.07.18

★「表現は愛に基づく」

ひかちゃん(小2)のお母さんから、メールが来ました。

内容は欠席のお知らせでしたが、、、それより最後に書かれてた余談の方に、思わずのけぞってしまいました。ちょっと紹介しちゃう!!


ひかに「最近 ぶんぶんちゃん 綺麗だね?」と聞いたところ

「ひか 知ってる ぶんぶんちゃんは好きな人がいるんだ!」と爆弾発言

「え~ いいなぁ~」なんて思っている 私です ふふっ


ぎゃぁぁ。えへへ。うふふ♪

ひかちゃんのママだけです。そう言ってくれるの。まあ、真偽のほどはナゾのままにしておいて、わたしがびっくりしたのは、ひかちゃんの発言です。「綺麗だね?」後になぜ、このような発想が湧いてくるの?

子どもと言えども侮れない。というか子どもって小さいうちから、意外と性的な存在なのだなと、思いました。う~ん、ひかちゃんに見破られたり?あ、わたしが授業中にしゃべったんだ~~。

どんなことを子どもたちに言いたかったんだろう、わたし。モノでも、人でも、趣味でも、好きって大切な気持ち。進んでいく時の楽しい原動力になります。だから、そんな気持ちを大切にしてほしい。

・・・ということだったんだけど、ひかちゃんには、違う部分もバッチリ伝わってしまいました。

教室を自分ではじめて10年以上たちました。なんだか最近、子どもと対等に話せるんですよ。甘くするとか、子どもにおもねるとかでなく。大げさに言うと、魂と魂が触れ合ってるという感じです。一人と一人で付き合えるの。面白いよね。だから、こっちも本気で自分の意見言うし、子どもも精一杯言ってくれる。子供の方の意見がだめで、わたしが正しいなんてこと、全然ないの。そういうことが多いのです。


「表現は愛に基づく」

魯迅の言葉を、友人のおおたにが教えてくれました。全く、その言葉どおりのことを、日々体感しています。

|

« ★カーニバライブ! | トップページ | ★ブログでの再会! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/5026257

この記事へのトラックバック一覧です: ★「表現は愛に基づく」:

« ★カーニバライブ! | トップページ | ★ブログでの再会! »