« ★ブログでの再会! | トップページ | ★表現したいことを表現するための技術 »

2005.07.20

★読書感想文

この時期なると徐々に増えてくるのが、「読書感想文」での検索です。

しかし、ごめん。最近作文に役立つこと、あまり書いてない。なぜか? それは「考える作文」を、子どもたちと長年やればやるほど、作文から遠のいていくんです。もちろん、教室では毎日作文を書いています。でも、遠のくのは実はある意味当然のこと。作文は何も、特別な世界にあるのではなく、私たちが毎日話している言葉の世界の中にあるからです。毎日の出来事や、感じた心の中にあるからです。

ただ、それを気づきやすいように、視点を変えたり、考える方法論を教えたりしているのですからね。表現したいものに気づき、それがあるからこそ、技術も必要になってくる。と、行ったり来たりしています。今は、少し世界を広げる方向に、行ったきりになっているのかもしれません。

といいながらも、中学生クラスでは、この夏「走れメロス」について考えます。松戸市では中学二年の教科書にも載っています。受験生なのに、そんなことしてていいのか?うん、そういう不安定なときだからこそ、分かるかもしれないよ。

さて、こんな読書感想文の定番みたいなのを、何故やるか。。

テーマが友情であると、紋きり型に言われていることが、ちょっとつまらないからです。そういう側面しか、子供たちに伝わっていないことが、不満だからです。大人になって読んでみたら、それだけじゃない。もっと、人間の深い業というか、そういうものが出ている。これを中学生に、どこまで感じ取ってもらえるか。

きっと太宰治だって、「友情」というくくりだけで書いたのではないはず。いや、そうであっても、わたしたちぶんぶん教室の面々は、違う視点で考えます。というか、既に昨日、やろうと言った時点で、中学生たちが、違う視点で「感じてしまっていた」ので、もう、期待大!です。

もったいないけど昨日でた声を少少。


だいたいなんでメロスは、裸で走ってきたんだ?(シン)

え?ふるちん?(ぶ)

そうだよ、たしか(シン)

勇者は赤面した、ってあったよね(ちー)

なんであんなに大変なことばかり起こるの?ふつうないよ(ふぅ)

だいたいあんな話、面白くないよ!(ひ)


もう、わくわくするでしょ?


|

« ★ブログでの再会! | トップページ | ★表現したいことを表現するための技術 »

コメント

 暑中お見舞い申しあげます。台風で帰りが不安なじゃいちです。子供たちの教室での会話おもろいですね。ここに書くのもったいないという気持ち分かります。
子供たちの感性がどんどん磨かれていくのを楽しみにしています。

投稿: じゃいち | 2005.07.26 15:45

こんにちは~~
台風大丈夫でしたか?
子どもたちとの会話は、本当に面白いですよ。
小学生でも中学生でも、面白いの。
もう、たくさんありすぎてね。わたしにいつも
子供たちはたくさんの言葉を、考えを、感じ方を、プレゼントしてくれます。
最初はそれらをみんなここで書きたかったのだけど、最近そうでもなくなって。
もっと、温めたいような、そんな気分です。

そういえばじゃいち夫さんから、言われました。たまには子どもの様子などのお手紙ちょうだいねって。本当に皆さんのご好意に甘え
ている自分に気づき、反省しています。

投稿: ぶんぶん | 2005.07.30 14:17

こんにちは~。娘だけでなく夫までお世話になってまーす。私はこのブログで、こどもたちの様子を知るのがとても楽しみだったのだけれど、今はそれって自分のエゴで、子供たち(特にお年頃の)はあまり嬉しくないのではって思うようになりました。全部筒抜けだと伸び伸びおしゃべり出来ないかも。娘にとってぶんぶん教室は、すごく楽しくて、自分を素直に出せる場所であり続けて欲しいと思っています。これからもよろしくね~。

投稿: じゃいち | 2005.08.02 12:24

じゃいちさま。

今度、ブログにも書く予定ですが、ちーちゃんたちと本を作ってます。仕上げが、走れメロスなの。なんか面白くなってきました。ご期待ください。いつもいつも、熱い声援ありがとうございます。来年は、月一くらいの高校生くらす、ぶんぶん初!を作るかも知れないので、二年後には宜しくお願いします。
この前は久々、ちーちゃんパパとカラオケでしたが、次はじゃいちの透明感あふれる歌声を聞かなくちゃね!

投稿: ぶんぶん | 2005.08.07 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/5063877

この記事へのトラックバック一覧です: ★読書感想文:

« ★ブログでの再会! | トップページ | ★表現したいことを表現するための技術 »