« ★幸せな気分になれる言葉 | トップページ | ★ミサイル女 »

2005.06.11

★そばねこノーベル賞!

「そばねこノーベル賞」

さてさて、木曜4時からのクラスは、小2の男の子二人のクラス。ちょっと淋しいけど、でもすご~く元気がよくて楽しいクラスです(あ、低学年の子どもで入りたい人2人募集!!)

先日、ぶんぶん花マルカードをやりました。これは以前に、友人のひゃくた夫っと(おっとっと、と読む)さんが、ぶんぶん教室のために、いえ、ぶんぶんちゃんのために作ってくれた、世界に一つしかないカードです。

言葉で遊ぶゲームです。だから楽しければいい。勝てばいい。自分がつくり上げた言葉のつながりを、みんなが納得するように、説明しなければならないという、ゲームなの。これがぶんぶん的にとてもいい!

なぜかというと、世の中、上手い言い訳(説明)をすれば、どんなことも通ってしまう。「言葉の使い方が上手いものが、世界を制す」とうことを知れるから。

「ムリが通れば道理引っ込む」あるいは、「口八丁、手八丁」をやってる感じ?バナナでもゴムひもでも、何でもたたき売ってしまう、浪花の商売人みたいに。たくましくなれるよ。

ここが好きだ~~。それに、知らず知らずに新しい言葉の使い方を学べるんだよ。でも、低学年の子どもにはゲームをするのは、ちょっと難しいの。そこでゲームではなく、言葉カードを使って、遊んでもらってる。それでできた言葉が、最初の「そばねこノーベル賞」というわけ。

もう二人は、夢中で言葉を作っていきます。作文の時間が余ったら、毎週やっています。今度カードの種類をふやそっかな?

「ほら、点が抜けてるわよ。この文、意味が分からないよ。気持ちを書きなさい」と、ついつい心配してしまうのは、親なれば仕方ないことです。でも子育ても、言葉育ても同じこと。あまり追い詰めると、お母さん自身も煮詰まってしまいます。

できればこんな楽しい感じに、しりとりでも、連想ゲームでもいいので、言葉遊びしてみて下さい。そのほうが子どもの言葉への興味は大きく育ちます。遠回りのようですが、作文への近道です。

では、次の記事で、二人が作った言葉を紹介します。

|

« ★幸せな気分になれる言葉 | トップページ | ★ミサイル女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/4510671

この記事へのトラックバック一覧です: ★そばねこノーベル賞!:

« ★幸せな気分になれる言葉 | トップページ | ★ミサイル女 »