« ★草原のイルカ☆ | トップページ | 地震!お~い大丈夫? »

2004.12.26

★それぞれのクリスマス

   クリスマス・イブ  


 ぼくは、まずやきそばをたべました。次ににわ鳥の首なし丸やきをたべて、次にカレーライスをたべて、さいごにショコラのケーキをたべました。
 
 次にお父さんからおもちゃをもらいました。次にお母さんにももらいました。そしたらぼくが
ぼく「お母さん、お父さんありがとうね。」
といったらお父さんとお母さんは
父「それはだいじにするんだぞ。」
母「わたしのもね。」 
父「そうだ、みんなでこのゲームをやろう。二つやろう。」
ぼく「やったー。」
父「まずお母さんが『かちのこり大さくせん』のかいせつ書をよんでおけ。オレたちは、ケーキをくっているよ。」
 
 しばらくして
母「まずじゃんけんするのよ。」
父「やるぞー。」
みんな「さいしょはグー、じゃんけんポイ。」
父「やったーかったー。とけいまわりでな。」(4行省略)

  (小4 鈴木遥可)

 ・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

 家族3人で過ごしたクリスマスの夜。特別ではないけれど、でもスペシャルな夜。家族で食卓を囲み、ご馳走を食べ、ゲームをして楽しいひとときを持ったこと。はるかの心にきっと「幸せの種」をまいたのではないでしょうか。

 はるかの心に残った「会話」を書くことで、こんなにも場面を、息遣いを生き生きと表現することができるんだね!「会話」というのは作文の大事なアイテムです。何もかくことが思いつかないとき、会話をそのまま書いてみるのがオススメです。たぶん書いているときの心も、とても生き生き動きだすはず☆

 はるかは場面を伝えることが苦手なんだよね。だけどね、さすが食い気のあるはるか君だ。目に焼き付いたご馳走は、こんなにリアルに描写しているね。

 「にわ鳥の首なし丸やき」という表現。な~んか好きですね。そのままの形が浮かんできます。「にわ鳥」という書き方も、なんだかぴったりハマッているよね。(正しい標記はニワトリ、鶏。食べ物の場合はとり肉かな?)形や色をよく見てみるっていうのも、大事だね。

 「まずお母さんが『かちのこり大さくせん』のかいせつ書をよんでおけ。オレたちは、ケーキをくっているよ」
 ここからは、お父さんのと言うより、男同士の連帯のワガママ度を感じます。やれやれという愛情のある諦めの表情のお母さんが目に浮かびます。

 そんな微妙な人間の間合いというものを、子どもはこんな平和なクリスマスの夜に盗み取っていくのでしょうね。

 ↑こんなストレートな言葉自体に、そしてこの言葉を耳で盗み、心にとめ、書き取ったはるかに対しても、私はぐりぐりの花マルをつけてしまうのです。 

 
★さて、マレーシアの「のりりん」はどう?クリスマスはどうでしたか?

|

« ★草原のイルカ☆ | トップページ | 地震!お~い大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/2381069

この記事へのトラックバック一覧です: ★それぞれのクリスマス:

« ★草原のイルカ☆ | トップページ | 地震!お~い大丈夫? »