« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004.09.30

★ばばぁと呼ばれても・・解答編

 昨日の解答編だよーー

 ぶんぶんちゃんは「ばばぁ」と呼ばれても、なぜ腹が立たないのか? 

 それは、、、ひとから見たらどうなのかは知らないけど、自分では自分をばばぁとは、ちっとも思ってないからです私はワタシでしかないからです。まあ、しいていえばお姉さん??

 こんなに素敵じゃん? こんなにナイスじゃん? こんなにふざけてるし、こんなに子どもとノリノリだし、こんなに走るし、歌うし、ギターひくし、怒るし、笑うし、泣くし、子どもだし、大人だし。。。誰も言ってくれないので一人で言うよ。
反論はいつでも受け付けます。たまには、こんなバカでも書かないと、やってられませんぜーー。  


 ・・・ということで、昨日の子どもたちの解答の中では、
「ばばぁあじゃないけど、ばばぁだけど、お姉さんと思っているから」
 ・・・と答えた、小4まやが正解です。おめでとう!

 まやちゃんっていうのは、ぶんぶん教室の「天然四天王」のひとりです。やはりこういうとき、天然は実力を発揮するんだねぇ。まや?

 そうそう、今度できたら、このブログの中に,掲示板を作りたいと思います。今日、モンパラから注文があったの。
できるかどうか、研究します。誰か知ってたら教えて下さい。では、ばいびぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.29

★ババァと呼ばれても腹が立たないワケ

 ぶんぶんちゃんは、子たちから「ばばぁ」と呼ばれるときがあります。とくにギャングエイジの男の子から、ときどきそういって、からかわれます。うるさいので、いいかげんにしろ! とは思うよ。

 でも、ぶんぶんちゃんはちっとも腹が立ちません。さて、なんでか分かる?

 そこで、教室の子どもたちに聞いてみました。その答えがぶっとびで、おかしいの! しょうかいするぞーー

 
*作文をおしえているので、せいいっぱいで、聞こえない
*子どもなんか、相手にしたくないから
*子どもだから、しょうがない
*ほんとうにばばぁだから、しょうがない
*ばばぁじゃないけど、ばばぁだけど、お姉さんだと思っているから
*ばばぁじゃないけど、お姉さんでもなく、子どもだから(または、おじさんだから)
*おとなになったら、みんなばばぁになるから
*みんなにもう、言われているから、なれてしまって、あたまに来ない 
 (いつも、おこられているから、もう気にしないのと、同じ)
*本気じゃないから、子どもがかわいいから

 さて、この中に、ほぼ正解があります! さて、どれか分かる??
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.28

★アポロ5号(ヒロ)

 例えば、流行にまどわされないで自分らしく。だから、夢もありきたりじゃなくて自分らしく。自分だけをおいかけて!ってこと??

 そうは思うけど、今の自分に夢がないから、何を見ればいいのかがわからない。

 ただ、夢ができれば追いかけたいと思う。自分に自信がある限り・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.26

★アポロ4号(sara)

 ハルイチは、どんな夢をもってこの詞を書いたのだろうか。私は、くわしいことなんて、ハルイチのちかくにいないからわからない。

 私の夢は、母と同じ、メイクの仕事につくことだ。仕事についたら、有名にならなくったっていい。いつも、笑っていたい。少しのいやなコトなんかじゃくたばらない! そんなこと、笑いに変えれば、毎日が楽しくなると思う。

 「一日一笑」

 4年生の時の担任の先生が、いつも言っていた言葉だ。私も、一日一回、笑っている。いつも、くよくよしてたって、親のしいたレールの上を歩いていくのだって、絶対にいやだ。

私は死ぬ気で、ドンゾコにおちたって、ぜったいにメイクの仕事につきたい。夢はかわっても、その気持ちは、かわらない。
 
 書こうと思ったら熱が出て、書き終わったら、胃がいたくなった。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★PTA会長の罪を・・・その3反省

 私の基本は、自分の身体を通して考えること。そしてできれば深いコミュニケーションしたいんです

 でも、この間のPTAの臨時総会では、この基本を忘れてました。反省.........._| ̄|○:で、この記事は自分のことだけを書きます。

 反省その1 相手のことを知ろう。コミュニケーションの基本は相手を知ることから。子どもには子どもに届くことばを。教頭には教頭に届くことばを。しかし、このイロハを忘れていました。

 なにも教頭と喧嘩したかったわけなじゃいのに。無責任だ!!とかって言ってしまった。これじゃ●組さんと一緒だよ。正直に思ったことを言ってしまった。「正直に思ったことをいいなさい」って、これが通じるのは学校だけだ。一般社会では通用しない。PTAは一般社会ですからね。 

 
 反省その2 もっと、相手の魂に向かって話し掛けるべきでした。その人の心に響くことばを言うべきでした

 私のしたかったのは、責めたり、意地張ったり、意地悪言ったり、期待したりではなく、平らなところでハダカで話したかった。ああいう場は無理なのか?? 目の前に相手がいるのに、私はうわべの教頭という部分を見ていた。本当は、もっともっと、お互いひとりの人間どうしとして、ハダカで話せたらよかった。もっと修行しよう!

 以上、ことばを教えている人間としての反省でした。私は誰かを責めたいのではない。反省させたのでもない。警察でも、検事でもない。

 もっと、魂と魂で話したいのだ。お互いの深い部分を信じて、触れ居たいのだ。そういう体験を体感してしまった者として。。。全て分かり合うなんてしょせん無理なのだ。を前提に。

 ミスチルも歌ってる。♪ひとつにならなくていいよ。認め合うことができればさ♪(「掌」より)感傷的でしたか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.09.24

★PTA会長の罪を・・・その2

 「私達のPTA活動は素晴らしいものであり、それには何の疑義なし」。  

 このような校長のことばから、PTAの臨時総会が始まりました。PTA会長の辞任を受け取った校長先生からの、ことばです。

 あるお母さんからの発言。

 「4年前に、バザーのお金4万円?がなくなりました。しかし当時の総会で、会計も会計監査からも、このことは全く報告されませんでした。このことはPTA会長の裁判では、報告がありませんでしたか?」

 「ありました」(教頭)

      *・・・*・・・*・・・*・・・・*・・・・*

 以上の、たったひとつの当日のやりとりからしても、私達PTAのお金が消えたこと。そして(どうして紛失したかは別にして)紛失した事実を、私達会員は知らされてないこと、が分かった。教頭は少なくとも知っていた。つまり校長の冒頭の挨拶も「ウソじゃん」ということになります。

 以上は総会での一こまです。{ことばの表現は違っていること、ご容赦ください)

 そしてこのお金を、責任を感じたある方(私も存じている方)が、自腹で補填したということを、別の機会に聞きました。

ですから、シネマさんがコメントでおっしゃるとおり、4年前にさかのぼって、会計の調査を行ってもらうことが必要です。調査委員会を作ってもらう必要もあります。その請求をみんなで提出することが、いいかもしれませんね

 元会長の罪は司法が裁く。私達はこれからのPTAをどうしていきたいのか、を考えていきたいものです。そのためにまず、実際どれだけのお金がなくなって、それを誰がどのように隠蔽してきたのか。まずそれが、知りたいです。知る権利も自由も会員にはあるのですから

 貴重なご意見ありがとう。シネマさんも陰で辛い思いをされたのですね。そういう気持ちを私は無視できません。

 一緒に考えましょう。私は詳しくないけど、きもちはある。だから、いいじゃない。私達にできることをしましょう。ね!じゃ、今度みんなでスーパー銭湯会議でも??
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.23

★アポロ3号(いづみ)

 いつも軽く歌ってイタ「アポロ」が、こんなに意味のつまった曲だったということに、まずおどろいた。けどこの歌詞をよく考えたら、もっとこの曲が好きになった。

 ハルイチがいうように、私は「今度の大会でメダルをとる」というと、「ぜったい無理でしょ」とよく言われる。
 
 そうした「地下をめぐる情報」に決してふりまわされずに生きている。絶対にこれからもこんなような夢をもっていたい。

 向かっていくものがなくちゃ、私は人生を人生といえないと思う。
 
 自分のレールは今新しく敷いている。電車みたいに決まってるんじゃない。

 ハルイチの歌詞には、自分の道を生きろという、深い意味もあるんだと思う。(中2・いづみ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.22

★PTA会長の罪をどう受け止める?

 うちの子が通う公立小学校はいま、小さな地震で揺れている。

 PTA会長が窃盗でつかまり、先日裁判が行われ、懲役一年の求刑があったそうだ。まだ裁判は続くらしい。私の友人が傍聴に行ってきたので、その日、数人の親を集めて、裁判の報告会があった。

 今回捕まったのは3月に、クラスだか学年だかの謝恩会で、隣の人のバッグから1万5千円を、盗んでしまったからだ。前歴もあるそうだ。

 余罪は他にもいくつかあったらしい。本人は被害届が出ているものは認めているが、そうでないものは一切、認めてないらしい。理由は生活費だという。サラ金?か何かに、何百万円の借金があった。

 聞いたのは、こんなところ。個人的なことは、私の興味ではない。

 このことを、PTAはどのように受け止めるのか。そこが大切だ。彼女のせいとばかりも言えないが、ここのところPTAはリベラルでなかった。お金に絡んだよくない噂もあるが、それはあくまで噂。何かと執行部が牛耳っているという印象で、その影で屈辱を受けた友人もいるのは、事実だ。

 影で何をやっているか分からないPTA。それは私の印象であるが、執行部が今回のことをどう受け止め、会員にどう説明し、今後をどうしていこうと思っているのか。会員はみなどう捕らえているのか。そこに興味がある。

 前向きにオープンに捉えるのならいい。そうではなく、「彼女の子どももいるから、そっとしておこう」と、傷を隠すように後ろ向きに、モノを言わないようにとらえるのか。

 罪に関しては司法に任せればよい。そうでなく私達PTAのことは別だ。もし後者であれば、それこそ学校に通う全ての子供たちにとって、悪いものを残すと思う。

 ぜひ、前者であることを望む。今回のことで、地域と学校と親とが、そして何よりPTA会員同士のきもちが、ひとつになることを。そのためには、執行部も会員も、言いたいことを出し合うしかないだろう。親のちからが問われている。

 そして、会員同士、リベラルなフラットな、風通しのよい関係の中で、彼女の子供たちも含めて、子どもたちを見守っていこうというきもちができれば、いい
。子どもたちに罪はないのだから。

 今から、PTAの臨時総会です。行ってきます。
 
(シネマさん間違いのご指摘ありがとう。訂正しました。前科でなく前歴)


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★アポロ2号(ちひろ)

 1号の続き。「アポロ」の歌詞の読解・・・の授業より、中学生の作文を紹介しています。


 この詩を読んだ時、その通りだなぁと思った。
でもそれと同時に自分の中には夢がないんだ、と分かった。
それは前からわかっていたはずなのに、あらためて知って、むなしくなった

 心の中に穴が空いていた。(ちひろ)
 

     *・・・*・・・*・・・・*・・・・*

 ハルイチの詩(アポロ)は、みんな意味がわかったという。だけど分かったけど、分からないという。なぜ分からないのかも分からない。考えているとなぜか、頭が痛くなると。これは「ぼくたちの脳みその核心に触れると」。

 私はびっくりした。夢をもつと快楽を得られると、人生はそれが楽しいよといいたかっただけなのに、みんな盲点をつかれたような、考えるのを拒否しているような顔をしているからだ。こんな単純な詩はないのに。それがわからないっていうのは、なに??

 私は10年間この教室で、何を子どもたちに伝えてきたのだろうかと、愕然とした子どもたちの脳みそ、心、魂、、そいういったものが、ここまで病に侵されていたとは。教師、親、周りの大人は、たくさんのことを子供に教えているつもりになっているが、何か一番大事なことを欠落させたまま、来てしまっている!!!

 気づいた私は今日から、またゼロ地点に立ち、始めなければと思う。「アポロ計画」(笑)の考察は、あとでまとめてみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.21

★アポロ1号(しんや打ち上げ)

大統領の名前なんて覚えてなくていいけれど、

せめて自分の信じていた夢ぐらいは、どうにか覚えていて

地下をめぐる情報に振り回されるのは、

ビジョンがあいまいなんでしょう

頭ン中、バグッちゃってさーー
 (ポルノグラフィティ・アポロより)


 こんなこと考えていると頭がバグッちゃって、頭痛が起きる気がする。

 でも、なんでバグッちゃってるのかの理由がわかんなくて、さらにイヤな感じがする

 多分これは全国の小学生や中学生に言っても、同じくこんな感じだと思う。

 自分の夢はなにかと聞かれて、真実自分がなりたいものを言えるという人は、全体の1パーセントぐらいだと思った。(中一・しんや)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★哲学者ってなに?

 かのくん、コメントありがとう。哲学者というのはね、かのくんみたいにまず、「分からないことを、分からない」とはっきりいえるひとのことだよ。

 分かってもいないことを、分かったふりをしたり、分かったつもりになったり。そういうひとが多いんだ。分からないこと、分かることをまず、きちんと分けられるひとのことだよ。そしてどこまで分かって、どこまで分からないかを、はっきり「分かる」ひとのことだよ。

 「分かる」とは「分ける」という字を書くでしょ? まず、分けることが、分かる元なんだね。

 なぜ? をたくさん考えられるひとも哲学者だね。そして。なぜ?と思ったことを、観察したり、体験したり、ひとと話し合ったり、意見を聞いたり、本を読んだりしながら、考えつづけるひとのことだよ。するといつか、自分なりの答えを見つけるひとのことだよ。

 かのくんも、たくさんのなぜ? があるでしょ?

 

なぜひとは生きてるのか?
 なぜひとは死んじゃうのか?
 死んだらどうなるのか?
 なんで宇宙は始まったのか?
 なんで子どもは勉強するのか?
 なんでおとなはいばっているのか?

 
 そんなことを考えることを、「哲学」っていうんだ。それをするひとを、「哲学者」って言うの。だからかのくんは、哲学者だよ。

 ほんとうは人間みな、哲学者なんだと思う。だけど最近はなぜ? と思うひまがなかったり、なぜ?と思う前に答えを教えられたりしてしまうことが、多い気がする。なかなか哲学者にはなれないね。

 よい質問をありがとう。おかげでぶんぶんちゃんも、考えることができました。

 今日ね、あのクラスのみんなで、かのくんに手紙書いたんだ。またここにのせるね。じゃあまたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.20

☆占いモンキー!占ってみてね

占いモンキーを設置しました。こんな、こんな私にもできたなんて。すごい。中学生にもブログに遊びにきてほしいので、ちょっとお遊びしてみました。他にも楽しいもの,探そう。うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

★アポロ

ぼくらが生まれてくる ずっとずっと前にはもう アポロ11号は 月に行ったっていうのに


・・・て言うじゃなーい

でも、ぶんぶんちゃんはもう、生まれてましたから・・

残念!!!

中学生と一緒にのりのりでカラオケに行っても、
思わぬところからボロが出る気持ち10代肉体年齢40代、斬りぃ!!!

(上の歌詞はポルノグラフィティ・アポロより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.19

★哲学者・かのくん

 先週の火曜日、かのくんが、ぶんぶん教室に見学にきてくれました。

 この「ぶんぶんの落とし穴」をお母さんと見て、とても気に入ってくれたのだそうです。とくに、ウンコの記事が。。。「ウンコで学ぶプラス思考」かな? それとも「お父さんは長いウンコをもらしたことがありますか?」かな。けっこうあるね、ウンコねた。

 小4のかのくんは、とても哲学者でした。その日のテーマは「ぼくの大切なもの」でした。

 かのくんは、じっくりじっくり考えました。ぶんぶんちゃんはかのくんが、深く深く考えていることが、すぐわかりました。考えるのが好きなんだな、楽しんでくれてるな、と思いました。それは顔を見れば分かります。

 そして書いた作文はこうです。
(記憶が違ってたらごめん。あとブログに書いていいって聞かずにごめん。これは反則jだね、許して)

    ぼくの大切なもの

  夢、考えること、かんじょう  

 素敵です。

そして他の子どもたちがみな、口をそろえて言いました。「どこかで見たことがある」と。実はぶんぶんちゃんも、授業が終わる頃、みんなと同じ気持ちでした。どこかで会ったことがある、知ってる気がする。初めてあった気がしない。つまり、教室にすっかりなじんでいたのです。それをみんなが感じとるなんて。

 ぶんぶんちゃんは、かのくんのことも、そして感じたみんなのことも、なんだかうれしく思った、そんな一日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.18

★私の一番たいせつなもの

 私の一番たいせつなものは、みんなの命だと思うんです。

もしわたしの命がなければ私はたのしいがっこうだっていけないんです。もし私の命があったとしても、おかあさんやお父さんや弟やおばあちゃんやしんじゃったおじいちゃんの命は一番にたいせつなのです。おかあさんやお父さんがいなければおりょうりだってたべれないのです。弟の命がなければかわいい弟とだってあそべないのです。おばあちゃんの命がなければ、おかあさんだってうまれないのです。

しんだおじいちゃんがいなくたってわたしはてんごくで命はあると思うんです。

もし学校の先生や学校の生とだっていなければ学校はうまれないんです。もしピアノの先生がいなければ、たのしいピアノのおけいこもできないんです。もしぶんぶんちゃんがいなければこのさくぶんだってかけないんです。もしびょういんの先生の命がなければ、みんなの命がなくなったときこまるんです。学校のおいしいきゅうしょくだって、きゅうしょくのおばさんがいなければたべられないんです。

もしくもがなければそらはいつも青だと思うんです。

みんなの命がいちばんたいせつだあーーーーー(原文のまま)

藤原茉耶・作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★テンネン四天王・マヤの場合

 小4のまやは、ぶんぶん教室「テンネン四天王」の一人である。ほんとにいつもボケてるの。言ってることがハチャめちゃ。もう、教室中笑いまくり。ゆえに作文も、、、正直言って、ボケてます。意味不明です。

 と、こ、ろ、が、と、こ、ろ、が、、、

 ある日、その「テンネンまや」が、テンネンを超えたの。いや、本物のテンネンになったんだな。テンネンさなぎが、チョウになったような感じ。

 「テンネン蝶」ニ美しく成長したまやが書いた、「いのち」に関する作文を、次のブログで紹介します。このブログで作文まるごといっこ、紹介するのは、おそらく初めてでしょう。子どもの作文をベタで紹介するつもりは、あまりなかったからです。なぜって、、、ある意味ダラダラしてしまうところがあるから。でも、今回は紹介したい!

 言っておきますけど、ぶんぶんちゃんは、「命は大事です。命を大切にしたいと思います」式の、よくありがちな、ほら「戦争は反対です」という、何も考えていないのに、考えてるフリしてる作文は大きらいなのですよーー。

 では、読んで下さい。感じてください。

 テンネンまやの自己表現、身体で考えたこと、かんじるちから、内面への深い旅、ことばへの転換、、、、あふれてくるものを!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.16

★オレンジレンジ

日曜日、カラオケ行こうね。いづみーー。ミスチルの掌、歌うんだよね?

スキマスイッチの「夏雲ノイズ」あれいいよ、しんや。

さら、オレンジレンジはさ、なんでオレンジレンジっていうの?どーゆー意味?やっぱ、オレンジかな。

で、考えた。

メロンなら、メロンロン
ミカンなら、ミカンカン
レモンなら、レモンモン

そしたらいづみが、バナナナナ

そしてしんやが、スイカイカ

・・・やっぱり、オレンジでよかったよーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★あふれるもの

今日の空は、どんな匂い?

今日の風は、どんな色?

あなたの心は、どんな形?


あふれるものが、いっぱいあると
かえって書けないものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

★「オマエはもう、ハダカである」

 ああ、そうか! やっと分かったぞ。「はだかの王様」の意味が。さすが、世界に広げよう「はだかの輪」ネットワークの表番だね。

 ひゃくたon夕刊フジにハダカのスクープ!か?・・・のコメントより以下、引用。

「はだかの王様」は、着ているつもりでハダカだった。 「ハダカの達人」はハダカに見えるけど、さりげなく装っているの。 こうなると、「道」。「ハダカ道」。

 つまり王様は、立派な洋服をきていたの。洋服とは、その国の秩序とか、常識とか、地位とか、名誉とか、お金とか、前例主義とか、主義主張とか、そういったもの。それを身にまとっていたの。だけど、そういうものは「幻想」だったんだよ。すべてまぼろし。

 国中の人々は、そういうものがあると信じていたかった。その方が、ラクだから。自分の眼を開いて真実を見る勇気もない。しんどい。なぜなら、いちいち自分で見て、感じて、考えなくちゃならないから。失敗したら自分のせいだから。人のせいにはできないから。
 
 私たちは、本来あるはずのない「幻想」を作り出し、そんなものに惑わされてしまうんだね。こんなこと、哲学の世界でなくても、自明のことなんだろうけど。凡人には、ハダカの王様のほうが、分かりやすいよなぁ。

 柳の枝を、幽霊だと思って恐がるのに似ているね。

 つまり私たちはみんな、ハダカなんだね。ハダカなんだ。脱ぐ必要ないんだ。生まれながらにハダカ。だけど、洋服を着ていると、信じている。皆で信じるからそれは、在ることになる。幻想が必要な時代もあろう。でもいま「幻想」がこの世を、かえって生きにくくさせている

 「はだかの王様」はつまり、幻想を捨て、ハダカであることを知れ。と言っているのではないだろうか。
 とすると、世界に広げよう「はだかの輪」ネットワークの目的は、「オマエはもう、ハダカである」って、ケンシローのように言えばいいんだ。ほら「オマエはもう、死んでいる」って、流行ったじゃん?

 村上龍の「幻想のファシズム」っとかいう本、あったよねぇ。 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★愛するひとの死

 中田京さま。

 京さん、愛するひととのお別れ。さぞ、お辛いことでしょう。心中お察し申しあげます。

 しかしながら、愛するものの魂は、この世に生まれ変わり、再びめぐり逢うと申します。

 そうであるなら、「死」は、ほんの束の間のお別れなのかもしれません。

 最近、そんなふうに思うのです。ご冥福をお祈り申しあげます。東海林ふみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.12

★「大事なものは、ごはんといのち」

 ちびちびクラスの話の続きです。小1の女の子3人の、かしましいクラスです。

 「正真正銘の大人」という問いは、やはりちょっと難しかったようです。ちなみに、彼女たちから出たのは、「ちゃんと会社にいくひと」だそうですよ。お父さん!!

 で、いつの間にか話は、「人生でだいじなもの」ということや、「どんな大人が好きか?」ということに、移っていきました。

 そしてひと通り、自分の考えを言ってもらいました。みんなすごく本質的なことを言うので、一緒にいてわくわくしました。そして、今言ったことを書き留めてもらいました。(一部要約して紹介します)

 ただただ私は、この教室が「モノを考える空間」になってくれているのが、嬉しいのです。(うるうる涙)それそれ、味わってみて下さい。

 *・・・*・・・*・・・*・・・*

 

☆ちっち「だいじなものは、ごはんといのち。それからお父さん、お母さん、ハムスター、金魚」
  
  「おとなはちゃんと、子どもを育てないといけない」

 ☆せいこ「だいじなものは、いのちと心。だけど、お金もたいせつ」
 
 ☆なみ「せいけつなおとがが、すき。なぜなら、せいけつなテープルでごはんを食べると、ごはんがおいしいから」

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.09.11

★二人のちぃ。ちーちゃんとちっち

 ちーちゃん! コメントありがとうね。ぶんぶんちゃんは嬉しいよ。

 「正真正銘の大人」とは?
 
 この答えは、ちーちゃんのコメントの中に、あるね。子どもの視点も、大人の視点ももっている人、だっけ??

 そうかぁ。よく考えたね。そうだね。そんな風になれたらいいな。今度、教室でまた、みんなで考えようか。いい、アイデアありがとう。これで次の授業のネタ、できたよ。あぁ、ラクチンだなぁ。うふふ。

       *・・・*・・・*・・・*

 今日のちびちびクラス。小1の可愛い女の子三人のクラスで。「星の王子さま」の質問を、ふと、してみたの。ちーちゃんが、教室で考えようっていうから、ふと思い出しちゃってね。一年生にも聞いてみようと思ったの。

 「星の王子さまでね、王子様が言うの。本当の大人とは、子どもの心を忘れてないひと、だって」
 
 そうしたらちっちが、

 「ぶんぶんちゃんじゃん! 」っていうから、涙が出るほど嬉しかったな。ぶんぶんちゃんは涙が見えないように、ふとホワイトボードのほうを向いて、こっそり涙をかくしたのであった。ありがとうね。。。

 しかーし。
  

 「だって、ぶんぶんちゃん、子どもみたいだし、ばかみたいだからーー

 な・ん・で??

 それで、どうして君たちに、そのあと、ズボン下ろされそうになって、パンツ見せてとか言われなきゃいけないの??ぜんぜん分からなかったよ。仕方ないからちょっとだけ見せたら、

 「あーー、お母さんとおんなじー。だけど、お母さんのは、ピンクとか水色!」だって。じゃ、こんど可愛いやつはいてくるからね。

 で、正真正銘の大人は??どっかへ行ってしまいました。じゃんじゃん。この続きは、別に書きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

★エンタの長井LOVE

 あーー今日は長井を拝めて幸せーー。「エンタの神様」は、私の信仰する宗教です。今日は長井ひでかず神様を拝みました。もう、すっきり!これを見て、一週間を笑い飛ばすのです。でも、土曜は飲みにいくことも多いので、ホント久しぶりでした。見たの。

 今の漫才師?の人たちは、ほんとに凄いと思う。私はあまりテレビは見ないが、これはオススメだ。コトバの勉強、しゃべりのリズム、間、笑いということ、人間、世間観察目。どれをとっても面白い。

 夕刊フジにハダカの・・・の記事でかいたが、ピラミッドのヒエラルキー以外のところで勝負してるのがいい。以外だから、そんなものいつの間にか飛び越えていたり、目に入っていなかったり。ピラミッドで滑り台して遊んだり。。。そんなことをやっているように感じる。

もちろんそれだけで、この息苦しい世の中を変えられるとは思わないが、でも、期待してしまう。

 ピラミッドで生きるのと、それ以外で生き延びるのは、どっちが大変か?どちらも大変だとは思う。でも、楽しいのは絶対、後者だ。楽しいというコトバが、曖昧なら、そこそこ幸せなのは前者で、快楽なのは後者ではないか?

 もちろん、それぞれの世界で成功した場合と、失敗した場合では、また違ってこよう。前者の世界での失敗は、そこに留まる限り、完全なる敗北だ。

 でも、後者の場合は、失敗しても楽しいような気がするのは、私だけだろうか。えへへっと言いながら、楽しくいきていけるような気がする。まあ、当事者じゃないからね。

   *・・*・・・*・・・・*・・・*

 今の子どもたち、とくに男の子は、もう子供時代から、世の中を諦めている。

 「好きな仕事につける人は、勝ち組みだ。でもそれはほんの少しの人。あとはいやでも仕事をしなければならない。負け組みだ」

 と、小六の男の子は言う。それなら、自分はせめて勝ち組みになろうとするのかというと、そうでもない。

 親の敷いたレールの上で、一生懸命やってはいるのだ。でも、そこから逸脱しようとは思わない。でも、気分は「どうせ負け組み」と感じている。好きな仕事などできない。なら、負けぐみでもいいから、そこそこいい「幸せ」を狙おうと思っているに過ぎないのだ。大人になるのに希望もなにも、見出せないだろう。疲れている子どもたち。

 大人の責任は重い。 
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.10

★時を駈けるラブレター

あれからもう一ヶ月がたちましたね。あの時もらったチラシを見て、のぞいてみました。  もっと時間があれば、いっぱい話が出来たのにね。でも、東海林ふみは、あの時と同じかわいい女の子でしたよ。  風の歌のタイトルは、「あいつ」です。ボクも、久しぶりに歌いました。  また、大阪に来たら連絡してください。ゆっくり飲みましょう。            

 井上直之on大阪の夜♪・・・このコメント、読んでいただけました? これはまさしく、大学時代の先輩からのラブレターではないですか。え、違う?オマエの思い違いだって?

 20何年ぶりに、憧れの先輩に会いました。大学時代の集まりがあったからです。先輩とは同じ下宿、同じワンダーフォーゲル部でした。忘れもしない、新入生歓迎の、本栖湖ワンデリング。季節は5月。一年生は大酒を飲まされて、みんな正体なくします。同じく18歳の可愛い私もそうでした。

 夜はテントで寝ます。で、歩けなくなり、先輩たちがテントに連れてってくれるわけですが、私は酔った勢いでこういったのを今でも、今でも覚えています。

 「同じ下宿の先輩が、いい!」

 オマエ、何もんだと言われそうですが、それで井上さんが、たぶん私をおんぶして、テントに運んでくれたような気がします。それからです。酔ったフリをすれば、男はみんな言うことを聞く!!という哲学を学んだのは。。。。

 その先輩からいただいたコメントです。もう涙出ちゃいます。だから、ここに載せました。

 とくに強調したいのは、分かりますね?はい復習してみましょう。

 「でも、東海林ふみは、あの時と同じかわいい女の子でしたよ」
 

 うるうる、泣けるね。真実のコトバは、涙をさそうものだ。

 いつもぶんぶんちゃんを、「おばさん」とか呼んでいる、中学生諸君!君たちの認識が間違っているのは間違いいない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ハダカの表現!

昨日の、ここのブログタイトルに引っかかった方。ごめんなさい。「夕刊フジ」にハダカのスクープ!か?・・というタイトルです。ちゃんと「か?」とつけたから、許してねん。

 さて、今日もなぜか、はだかネタでいきますよーー。「はだか、はだか」と騒いでいたら、向こうから「はだか」がやったきたーー。びっくり。「類は友を呼ぶ」ということか??

 
 「ハダカの表現」展が、明日、あさって、アトリエ新松戸で行われるそうです。常磐線新松戸駅下車。徒歩3分。新松戸中央病院の前ですよ。内容は「アトリエ新松戸」の生徒さんたちの、自由作品展らしいです。

 ハダカの表現

 ★岩崎さんへ私信。あのー、デビュー曲ですが、鬼束ちひろの「Rebel Luck」を、ロック風にアレンジするのはどうでしょう?新人にとって難しいかどうかは、知らないけど。歌がいいんです。真っ直ぐで前向きなの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.09

★夕刊フジにハダカのスクープ!か?

 世界に広げよう「ハダカの輪」ネットワークを、ご存知ですか?

え、知ってるの? まさかね。だって今、考えたんだもん。というとちょっと違うな。友人の百田さんと、ときどき話してることなんですね。今の世の中、何が大事って、やっぱり「ハダカ」だよねって。このブログでもときどき書いたことがあります。

 人生も半分をすぎると、いろんな余計なものを、着込んでしまう。地位だったり、名誉だったり、学歴、見栄、お金、ブランド、常識、前例主義、「こうあらねばならない」「すべき」という考え方、などなど。社会生活を送るには、大事だったりするけど、時に邪魔になることもある。

 そういうものを、全部脱ぎたいと思ったこと、ありませんか?(あるでしょ?ひできさん)

 そう一瞬でも思ったことがある、そこのあなた! もう、あなたは立派な「ハダカの輪」の仲間です。さあ、ハダカになりましょう。ハダカになって、ぶつかって、泣いて、笑って、それでいい。それだけ。それがすっきり楽しいの。まあ、そんなことで、いい世の中が作れたら、もうそれはめっけものです。おまけです。


 世の中の男たちよ。ピラミッドのヒエラルキーの中で、満足するな!! 潰されるな!! そんな男は、気持ちよくなれない。

 世の中の女たちよ。ピラミットのヒエラルキーの中で生きるのが全ての男なんか、捨ててしまえ!!支えるのはステイタスではなく、愚行であるということを、自覚せよ!!
 
 全部見えてしまうの、怖いですか? ぶつかって傷つくのが、いやですか? でも、めちゃめちゃ、生きてるーーーって感じが味わえますよ。

 実は、そんな「ハダカの輪」の付き合いから、生まれたものがあります。友人、百田さんが理事長を務めるNPO法人「ねばぁらんど」です。詳しくは、夕刊フジのブログを、ごらん下さい。夕刊フジの本紙には、ちゃんと彼女の写真も載っています。残念ながら、洋服着ちゃってるけど。うーん、残念。

 でね、世界に広げよう「ハダカの輪」ネットワークなんだけど、「ハダカ」になりたいと思えた人なら、だれでもお仲間。今のところ、とくに決まりとか活動はないんだけどね。会長とかもないの。

 だけど、決まっているのは、表番が百田清美で、裏番が東海林ふみ(当ブログ主宰者・ぶんぶんちゃんのこと)という点です。だれ? 恐いっていったの??
 
 そうそう、なんでぶんぶんちゃんが裏番かというと、清美ちゃんより少しだけ、謙虚だからだよ。うふ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.09.07

★さようなら、夏

     さようなら、夏


いつまでも友だちとはしゃいで遊んだ祭りの夜

暑さに負けてとけてしまった麦茶の氷
 
佐渡のさわやかな海の色


さようなら、中1の夏   (ちーちゃん)


  *・・・*・・・*・・・*・・・*

 中学生のクラスで、詩を作りました。そんなの年に一度かな?俳句はたまにやるね。夏も終わり、今年の夏をかっこよく、素敵に残しておきたい気分になったので。。。
 
 でも、作れといわれてすぐできるもんではありません。とはいえ、そこはぶんぶん教室です。いつも季節の変わり目には連想ゲームをします。例えば「夏」で思いつくコトバを、いくつでもいいから、ひたすら書く。

 ・・・お祭り、ラムネ、カキ氷、風鈴、甲子園、などという感じで。で、今回はそれを利用して、詩にしてみようと思いつきました。

 どうやるかというと、その連想して出てきたコトバの上に、何か形容するっていうか、ようするに五感を使って、色、形、音、におい、味、触感を付け足してみる。そんな感じでできたのが、上の作品です。明日もいくつか紹介します。ま、そんな風にある意味作為的でしたが、ちーちゃんの、素敵だよね?

・・・・・直したところは3行目です。最初は「見ているだけで、すずしそうな、さわやかな海の色」→→「佐渡のさわやかな海の色」にしました。彼女のおばあちゃんちは佐渡で、毎年行くそうです。どちらがいいかは、わかりませんが。 


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.06

★カラ友募集中!

 こんなところでナンですが、カラ友募集します!!カラオケする友達です。

 一昨日、友人のゆかちゃんとうちの娘とで、カラオケでも行こうと思ったのに、ゆかと娘が一緒に遊ばないことになったので、あえなく没りました。あぁ。

 近くの1時間200円のとこ。夜7時までは200円なの。それ以降は500円です。(松戸市北小金駅周辺)

 カラ友の条件は、一緒にカラオケ屋さんに行ってくれればいい。歌を聴いてほしいのではありません。拍手もいらない。かえってイヤかも。私が歌っている間は、必死に自分の次に歌う歌を探すとか、飲んでるとか、食べてるとか、しゃべってるとか、全く別の行動をしてただければ、うれしい。

 ただ自己満足して歌いたいだけ。一人でカラオケ屋さんに入るのが、恥ずかしいだけなんです。好きな歌、うたって下さい。あ、でも演歌はダメかもしれません。ごめんなさい。あとは何でもいいか。

 まじに歌の練習してるの!!って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

★情報に操られない人になる方法

 くりたまは、パソコンもできるんだね。すごいなぁ。ぶんぶんちゃんなんて、最近やっとパソコンつかえるようになったんだよ。

 インターネットの世界は、これからいろんな可能性があるし、もう当たり前の世界になってくる。毎日テレビをみるでしょ?そんな感じで、毎日インターネットの世界ももっと、気軽にできる「機械」もできてくるんじゃないかな?
 
 もちろんお父さん、お母さんが心配したり、困ったこともあると思う。だけど世の中なんだって、いい面もあれば、悪い面もあるの。例えば車は便利だけど、事故でけがしちゃうこともあるようにね。

 だから、大事なのは、事故にならないように、道路を気をつけて歩けばいいし、困ったことが起きないように、気をつけてパソコンすればいいんだよね。どんどんパソコンで遊んでね。(もちろん友だちともお外で遊ぶのも、子どもは一番大事だということ、忘れないで)

 でも、インターネットの世界は新しいものだから、何をどう気をつけていいか、大人もはっきりわからないんだ。だから、お父さんお母さんとか、信頼できる大人と一緒に、気をつけながら、大いにインターネットを楽しもうね。たまに失敗することも大事だよ。

・・・ってことで、ぶんぶんちゃんは子どもにも、ブログやることを、お勧めするよ。はい、もうどんどんね。下手な歌でも演劇でも、人に見られることで磨かれていくところがある。私の下手なギターも歌も同じだと思うの。うふふ。だからそのうちライブやったら、見に来てね。いつになるかさっぱり分からんけど。おっと、話題がずれた。

 ブログで文章書くでしょ。すると人が見るものだから、人が見てもおかしくない文章を書こうって思う。上手いとか下手じゃなくて、「他の人の目から見たらどうかな」と考えて文章を作れるようになる。すると、とてもいい文章になる。
 
 「自分の目」からと、「他の人」からの目。両方から見た文章。自分の文章を、「客観的」に、そして【自分自身】のことも、よく見えるようになる。自分てどんな人かなって、分かるの。

 インターネットの注意として、一つだけぶんぶんちゃんが感じることがあるの。これだけは、しっかり分かって!!
あのね、ネットの情報はいっぱいある。それに振り回されている人の多いこと! 情報は自分のために使うのであって、振り回されるためにあるんじゃない。

 情報をうまく操る方法は、たった一つ。それは、自分が発信者になることだよ!!

 他の人には真似のできない、
自分だけの、くりたまだけの思いを、考えを、きちんと持って発信すること
これに尽きる。

 そうすればあとは自然と、いろんな情報を選ぶことができるようになる。これはホント。だって、ぶんぶんちゃんが心と身体で感じたことだから。ではまたね。

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★くりたま!!元気?

 くりたまちゃん!久しぶりーーー。元気だった? あの【朝起きたら】の創作、とっても面白かったね。くりたま!すごいと思うよ。くりたまにあいたなぁ。また、土曜日のクラスに、おいでね。待ってるからね。

 コメントありがとうね。ぶんぶんちゃんは、とってもうれしいよ。だってね、最近だれもコメントしてくれないんだもん。
ぶんぶんちゃんの友だちが言うには、「みんなぶんぶんがこわくて、コメントできないんだよ」だって。悲!! そうしたら、くりたまちゃんが、かいてくれたでしょ? だから、チョーうれしかったんだよ。

 「何も書くことがないので、さようなら」って、中身もうれしかったよ。ほんと、ほんと!これで通じたよ。くりたまのきもち。また、かいてね。まってるよーーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.01

☆検索ワード【読書感想文】の多さにびっくり!

 ニフティーの「瞬ワード」というところを見てみました。ここでは、一時間ごとの「検索ワード」の1位から10位までが、載っています。

 当然、「読書感想文」を探しました。そうしたらなんと、今日の16時から17時の間の検索ワードランキングの、なんと2位に、出ていました。【以下、そのページのコピーです】今さらですが↓

2位 「読書感想文」 注目度ポイント:★★★★

読書感想文の書き方 (http://www4.0038.net/~kanso-bun/)
悩める青少年に朗報!読書感想文は1 ... (http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/index03_kansou.htm)
読書感想文は1行読めば書ける! はじめに (http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/kansou_folder/kansou00.htm)
青少年読書感想文全国コンクール (http://www.dokusyokansoubun.jp/)
@nifty:デイリーポータルZ:読書感想文 ... (http://portal.nifty.com/special03/08/30/)
キッズ@nifty - 夏休み大作戦 (http://kids.nifty.com/summer04/)
あなたにも出来る!宿題・読書感想文の書き方。 (http://junpeimaya.fc2web.com/)
書評・読書感想文 (http://cozalweb.com/b-search/html/17.html)
あなたにも出来る!宿題・読書感想文の書き方。 (http://yokohama.cool.ne.jp/junpeimaya/dokusyo/dokusyotop1.html)
読書感想文 (http://nk0302.hp.infoseek.co.jp/profile/book.html)
著作権フリー読書感想文 (http://junpeimaya.fc2web.com/free1.html)
読書感想文 (http://www2.realint.com/cgi-bin/tbbs.cgi?dokusyokansoubun)
5分で完成!読書感想文 - [子供向けサイト]All ... (http://allabout.co.jp/children/childsite/closeup/CU20040827B/)
読書感想文全国コンクール (http://www.ashiya-city-library.jp/fair04.html)
読書感想文せんよう掲示板 (http://www1.ezbbs.net/09/junpeimaya/)
読書感想文 (http://www.gaku.net/ukki/_C6_C9_BD_F1_B4_B6_C1_DB_CA_B8.html)
読書感想文について (http://www.ube-k.ac.jp/~usui/kouhyo.html)
読書感想文の部屋 (http://www.asahi-net.or.jp/~kf9k-hrht/book/book_top.htm)
読書感想文の書き方書かせ方 (http://www.commakagi.ne.jp/tosyokan/kansoubun/a-00.htm)
読書感想文の書き方(その2) (http://www4.0038.net/~kanso-bun/link.htm)
読書感想文 (http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/2760/)
読書感想文 (http://www.page.sannet.ne.jp/george302/sub5.htm)
【読書感想文】 「落下する夕方」を読んで (http://writer.gozans.com/writer/859/151.html)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »