« ★アポロ1号(しんや打ち上げ) | トップページ | ★PTA会長の罪をどう受け止める? »

2004.09.22

★アポロ2号(ちひろ)

 1号の続き。「アポロ」の歌詞の読解・・・の授業より、中学生の作文を紹介しています。


 この詩を読んだ時、その通りだなぁと思った。
でもそれと同時に自分の中には夢がないんだ、と分かった。
それは前からわかっていたはずなのに、あらためて知って、むなしくなった

 心の中に穴が空いていた。(ちひろ)
 

     *・・・*・・・*・・・・*・・・・*

 ハルイチの詩(アポロ)は、みんな意味がわかったという。だけど分かったけど、分からないという。なぜ分からないのかも分からない。考えているとなぜか、頭が痛くなると。これは「ぼくたちの脳みその核心に触れると」。

 私はびっくりした。夢をもつと快楽を得られると、人生はそれが楽しいよといいたかっただけなのに、みんな盲点をつかれたような、考えるのを拒否しているような顔をしているからだ。こんな単純な詩はないのに。それがわからないっていうのは、なに??

 私は10年間この教室で、何を子どもたちに伝えてきたのだろうかと、愕然とした子どもたちの脳みそ、心、魂、、そいういったものが、ここまで病に侵されていたとは。教師、親、周りの大人は、たくさんのことを子供に教えているつもりになっているが、何か一番大事なことを欠落させたまま、来てしまっている!!!

 気づいた私は今日から、またゼロ地点に立ち、始めなければと思う。「アポロ計画」(笑)の考察は、あとでまとめてみるつもりです。

|

« ★アポロ1号(しんや打ち上げ) | トップページ | ★PTA会長の罪をどう受け止める? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/1493489

この記事へのトラックバック一覧です: ★アポロ2号(ちひろ):

« ★アポロ1号(しんや打ち上げ) | トップページ | ★PTA会長の罪をどう受け止める? »