« ★ブタ便所 | トップページ | ★正しい?読書感想文の書き方 »

2004.08.18

★カダイ図書ハ、カタイ図書?!

 小4にして、それは鋭いよ、まゆちゃん! あなたは読書感想文の何たるかを、知っている。参りました。

 今日のクラスで、まゆちゃんが、読書感想文を書く本を見せてくれました。『ずーっと ずっと だいすきだよ』(評論社)です。海外の絵本です。これは幼稚園のときに、幼稚園の父母会から、記念にいただいたものだそうです。この本選んだ方も、スキです。

「どうしてその本にしたの?」

「この本を読んだとき、すごく好きになって、今でも一番好きだから」

もう、このセリフに惚れたね! 素敵だよ、まゆちゃん。


 内容は、小さな子どもが、犬を大事に飼っていたんだけど、あるとき死んでしまう。そりゃ、悲しいよ。でもこの絵本の凄いところは、ただのお涙ちょうだいじゃないところ。この主人公は、また犬を飼うかもしれなくて、その時がきたら、その犬を精一杯愛そうと思うんです。

 哲学だよね。よくある勘違い絵本とは、ちょっと違う。命あるものは、死ぬ。生き物は、必ず死ぬ。そして大切な犬も、いつか死ぬ。それでも悲しみを乗り越えて、死を前向きにとらえて、生きるとか死ぬとか、愛することの当たり前さ、凄さとかが伝わってくる。悲しみの涙じゃない、崇高な涙。

 コレを、大好きな本と言い切る感性は、繊細でしょ?

 分かるか? 「香ばしい」お子ちゃまたちよーー。

 で、何か書くの?と聞いてみると・・・

「前に飼ってたハムスターのことと、おばあちゃんちのネコのこと」

 か・ん・ぺ・き、正しい!


 何を読んでいいか分からずに、本屋で安易に仕方なく、あるいはうっかり正しいと思って課題図書を選んじゃった、親子連れサンたちに言います。
 青少年「不」健全育成のため、課題図書は、エッチな本と一緒に、「悪書追放」ポストの、カエルさんのお口へ入れるのが、企業戦士たる日本の正しいお父さんの、せめてもの罪滅ぼしです。
 戦争とか、自然保護とか、インスタントな心の交流とか、「抹香臭い」本がわりあい多いと見える「かだい図書」は、「カタイ図書」であり、ゆえにお宅のお子さん、ちっとも内容把握してませんから!!
残念!!

全国読書感想文コンクール課題図書をミスチョイスしちゃった親子斬り!!

|

« ★ブタ便所 | トップページ | ★正しい?読書感想文の書き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/1223921

この記事へのトラックバック一覧です: ★カダイ図書ハ、カタイ図書?!:

« ★ブタ便所 | トップページ | ★正しい?読書感想文の書き方 »