« ★真夏に始まるセレモニー?!読書感想文① | トップページ | ★読書感想文②「楽しく本だけ読めばいい」 »

2004.07.30

★記事の舞台裏・・・

 やっと、やっと新聞が出ました! 長かった道のり。何度も何度も、担当のデスクさんとやりとりしました。「を」という一文字を、入れるか、入れないかの確認を、ファックスを通して行い、直したものはまた、直っているかどうか確認し、、、ということが、たくさんありました。

 写真にできるような資料を、ぶんぶん教室のごみ置き場、じゃなくて保存資料の中から物色し、宅配便で送り、毎日新聞の写真部の方に、撮影していただき、、、まあ、とにかく無事にできてよかったです。 あとは・・

 今、手元には、三回目のゲラが・・・、明日の午前中までに、チェックしなくちゃ。

 久しぶりに、新聞という媒体の大変さ、責任、気の配り方、などを経験しました。一番、驚いたのは、タイトルの大切さですね。前にも書いたけど、たった三回の連載のタイトルなのに、すごく丁寧に決めていく。  

 それから、私のつたない文章を、本当に丁寧に扱っていただきました。冒頭に書いたように、一文字入れるかどうか、そんなの読みやすければ、お任せしたいくらいなのに、きちんと確認してくれます。

 翻って、子どもの作文を見るとき、子どもの文字を赤線で消すと言う愚行は、しないようにしていますが、表面的にそうするだけじゃなく、もっともっと、大切にしなくちゃ、と思いました。もちろん、仕事としての文章と、まだまだ学んでいる段階の文章とでは、違いはありますけど、でも「自己表現」としてみたら、同じなのですから。

 子どもの書いたものを大切にするのは、こどもの心を大切にすることに、他ならないのです。

 記事タイトルの、「笑う」の文字が、ホントに笑っているのが、とっても気に入りました。デザインの方によろしくお伝えください。わがまま言って、スイカのイラストもくっつけてもらいました。いや、最初はタイトルバックが、原稿用紙だったんですよね。デスクさんありがとうございました。

 さて、後はみなさんにお願いが・・・「すばらしい記事だった」「涙が出た」「ぜひ、この先も連載を・・」など、心にも無いことで結構ですので、毎日新聞に送って下さい。ファックスでもいいと思います。何卒、よろしく!!あつかましいぶんぶんでした。

|

« ★真夏に始まるセレモニー?!読書感想文① | トップページ | ★読書感想文②「楽しく本だけ読めばいい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/1083068

この記事へのトラックバック一覧です: ★記事の舞台裏・・・:

« ★真夏に始まるセレモニー?!読書感想文① | トップページ | ★読書感想文②「楽しく本だけ読めばいい」 »