« ★ぶんぶんのトリビア | トップページ | ☆ついに「赤い月」を抜いたのは?検索ワードランキング »

2004.05.30

★ハダカ

 この前、サップラのボーカリスト・そよぎちゃんからメールが来ました!るんるん。私のブログの記事「音からコトバへ、そして音へ、生身の身体へ」で紹介した、新宿のストリートが似合う、そよぎちゃんです。HP見ましたか?美人なのにかわいいの。

 前回の記事で、生のそよぎちゃんから伝わってくるものは、なんだろう? って書いたんだけど、それに対するお返事が来たんだよぉ。

 「私のうたは、例えば好きな人の前では、ありまのままの自分を見せたりするのと似ていると思います。思いきり怒ったり、めちゃくちゃ泣いたり、でも意外なほどやさしい気持ちになったり。」

 そうか。やっぱり。ハダカなんだ。「好きな人の前での、ありのままの自分」はハダカ。隠さない。気取らない。

 このブログにコメントを寄せてくれる友人・ひゃくたさんはいつも「もっとハダカになりたい!」と言っている。「誰もみたくないよ」と言うのだけど、もっと脱ぎたいらしい。もちろん、ココロのハダカだよねっ?

 ぎいちゃんという、ひゃくちゃんと私共通のオトモダチがいる。今年71歳。保育園や福祉施設をやっている彼の口癖は「ハダカで勝負」だ。毎朝6時には保育園に行き、お部屋を全部見回って、最後にトイレをチェックし、一番早くやってくるお母さんと子どもを「おはよう」と迎える。毎日やり通すことを自分に課している。「自分に縛りをかけているんだ。これができなくなったら、引退だな」。あんこうの顔がマジになって、コワオモシロイ。

 ぎいちゃんからは、「ハダカと縛り」を同時に教わった。

 別の友人は「自信なんて持ったら、面倒だ。着飾りたくないだけ」と言う。彼にとっては、「自信」までも「装飾」の道具なんだね。地位、名誉、ブランド品、お金、学歴、キャリア、プライド、、、着飾るものはたくさんある世の中で、ハダカで生きることは難しい。だからこそ快楽でもある。そう考えると、アダムとイブが住んでいたエデンの園は、ホント楽園だったんだね。ハダカだもん。

 「ライター業約10年。作文を10年教えているプロ」というモードで書いたときの私の文章は、クソつまらない!!私もハダカで文章書きたい。「全部捨てて、白紙になれ」と、ヴォイスアーティストの福島英のコトバが、気になっている。 

|

« ★ぶんぶんのトリビア | トップページ | ☆ついに「赤い月」を抜いたのは?検索ワードランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31227/679785

この記事へのトラックバック一覧です: ★ハダカ:

« ★ぶんぶんのトリビア | トップページ | ☆ついに「赤い月」を抜いたのは?検索ワードランキング »